英語ことわざ小事典

 
 


ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

 キーワードによる分類:
人(神等,含部位) 人[2] 人[3] 動物 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛


   
・ABC索引で検索: A

A bad workman (always) blames his tools. [A bad carpenter quarrels with his tools.]
  下手な職人は(いつでも)道具のせいする

     (腕不足を道具のせいにする)《注釈・補足》
     [弘法筆を択ばず]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A barking dog seldom bites. [Barking dogs seldom bite.]
  吠える犬は滅多にかまない,吠える犬はかまぬ

     (騒ぎ立てる者は口ばかりで大した事はない)《注釈・補足》
     [参考:犬の遠吠え]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕+++


A bird in the hand is worth two in the bush.
  手中の一羽は藪中の2羽の価値がある

     (確実な物は不確実な物より価値がある)《注釈・補足》
     [明日の百より今日の五十]【日本の諺】
          欲・損得(比較)『教訓』/ 動物〔キーワード〕+++


A bully is always a coward.
  威張るやつはきまって臆病者だ

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A/The burnt child dreads the fire.
  やけどした子は火を恐れる

     (一度痛い目にあうと慎重になる)《注釈・補足》
     [羮に懲りて膾を吹く]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕


A cat has nine lives.
  猫には命が九つある

     (猫は容易に死なない)《注釈・補足》
          生死『教訓』/ 動物〔キーワード〕


A cat may look at a king.
  猫でも王様が見られる

     (卑賤な者にも相応の権利はある Mother Goose)《注釈・補足》
          平等『教訓』/ 動物〔キーワード〕*


A constant guest is never welcome.
  いつも来る客は歓迎されない

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A contented mind is a perpetual feast.
  満足は永久の祝宴

          欲『教訓』/ 事〔キーワード〕*


A door must be either shut or open.
  ドアは開けておくか締めておくかしかない

     (矛盾律)《注釈・補足》
          原理・法則『教訓』/ 物〔キーワード〕*


A drowning man will catch/clutch at a straw.
  溺れる者は藁をも掴む

     (土壇場では何でもいいから縋りたい)《注釈・補足》
     [溺れる者は藁をも掴む]【日本の諺】
          生死・流転『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


A dwarf on a giant's shoulder sees the farther of the two.
  巨人の肩に上がった小人は巨人より遠くが見える

     (経験不足の者も経験豊かな人の教えを受ければ有利になれる)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕*


(A fair) exchange is no robbery.
  交換は強奪ではない

          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕


A fault confessed is half redressed.
  過失を認めるは償いの半ば

     (過失を認めれば、償いは半分済んでいる)《注釈・補足》
          責任『教訓』/ 事〔キーワード〕*


A fool and his money are soon parted.
  馬鹿とお金はすぐに別れる

     [馬鹿に金を持たせるとすぐ使ってしまう]【日本の諺】
          金『教訓』/ 人〔キーワード〕


A forced kindness deserves no thanks.
  仕方無しの親切に感謝は無用

          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕*


A friend in need is a friend indeed.
  まさかの時の友は真の友

     (困った時の友こそ真の友)《注釈・補足》
     [参考:まさかの時,刎頸(ふんけい)の交わり《史記》,莫逆(ばくげき)の友《梁書》]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


A golden key opens every door.
  金で開かぬ扉なし

     (金がものをいう世の中)《注釈・補足》
     [地獄の沙汰も金次第]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕*


A good appetite is a good sauce.
  空腹にまずいものなし

          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕*


A good name is sooner lost than won.
  良い評判を取るのは難しいが失うのは早い

     (a good name:名声,好評)《注釈・補足》
     [参考:百日の説法屁一つ]【日本の諺】
          言動(注意・用心)『教訓』/ 事〔キーワード〕*


A great city, a great solitude.
  大都会では人は孤独

          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕*


A growing youth has a wolf in his belly.
  育ち盛りのおなかには狼がいる

     (いくら食べても食べ足りない、wolf (down) は動詞で「がつがつ食う」)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕*


A hedge between keeps friendship green.
  垣根があれば友情も長持ちする

     (垣根が友情を新鮮に保つ)《注釈・補足》
     [参考:よい仲には垣・よい仲の垣]【日本の諺】
          中道・中庸『教訓』/ 物〔キーワード〕*


A house divided against itself cannot stand.
  内輪揉めしている一家は立ち行かない。

     (マルコ伝、参考:United we stand, divided we fall.「団結すれば立ち、分裂すれば倒る」)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕*


A little help is worth a deal of pity.
  同情より少しの援助

     (少しの援助の方が同情より価値がある)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕*


A little knowledge/learning is a dangerous thing.
  少しばかりの知識はかえって危険である

     (未熟なのに軽々な行動は危険)《注釈・補足》
     [生兵法は大怪我の基]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


A man can only die once. [A man can die but once.]
  人は一度しか死なない

     (嫌な事もこれでおしまい)《注釈・補足》
          生死『教訓』/ 人〔キーワード〕


A man is as old as he feels, and a woman as old as she looks.
  男の年は気持ちの通り女の年は見かけの通り

     (女性に対する厳しさや偏見,不平等)《注釈・補足》
          平等『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A man is known by the company he keeps [his friends]. [Men are known by the company they keep.]
  人は付き合う友達によって分かる

     [人は善悪の友による]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


A man of words and not of deeds is like a garden full of weeds.
  言葉だけで行為の伴わぬ者は草だらけの庭みたいなものだ

          言動『教訓』/ 植物〔キーワード〕*


A mill cannot grind with the water that is past.
  通り過ぎた水では水車も粉は挽けない

     (過ぎ去った時間は使えない)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕*


A penny saved is a penny earned/gained.
  1ペニーの節約は1ペニーの儲け

     [参考:塵も積もれば山となる]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕*


A place for everything, and everything in its place.
  物にはその物の置き場所がある

     (整理整頓,調和)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕-


A rich man's joke is always funny.
  金持ちの冗談はいつもおかしがられる

     {機嫌(気褄)を取る,追従笑い}《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕*


A rolling stone gathers no moss.
  転石苔を生ぜず

     (落ち着きがないと大成できない,活動的であれば何時も新鮮)《注釈・補足》
     [転石苔を生ぜず]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕+++


A soft answer turneth/turns away wrath.
  柔らかな答えは憤りを留(とど)める,優しい返事は怒りを逸らす

     (旧約聖書の箴言)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕*


A sound mind in a sound body.
  健全なる精神は健全なる身体に宿る

     (ローマ詩人 ユウェナリス)《注釈・補足》
     [健全なる精神は健全なる身体に宿る]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


A still tongue makes a wise head.
  静かな舌は人を賢くする

     (自分で話すより人の話を聞く方が学ぶ事が多い)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A stitch in time saves nine.
  適当な時に一針縫えば後で九針の手数が省ける

     (手遅れの戒め)《注釈・補足》
          言動(注意・用心)『教訓』/ 事〔キーワード〕*


A straw shows [Starws tell] which way the wind blows.
  藁を見れば風向きが分かる

     (藁一本の動きで形勢が分かる)《注釈・補足》
     [一葉落ちて天下の秋を知る(前兆から予知できる)]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 自然・天気(植物)〔キーワード〕+++++


A tree is known by its fruit.
  木はその実によって知られる

     (木の良し悪しはその実で分かる)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 植物〔キーワード〕


A watched pot/kettle never boils.
  待つ身は長い

     {見守る鍋は(なかなか)煮え立たない,焦るな}《注釈・補足》
          忍耐『教訓』/ 事〔キーワード〕*


A wise man is never less alone than when alone.
  賢者は一人でいても孤独にはならない

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A wonder lasts but nine days.
  驚異も九日(しか続かない)

     (長くは続かない)《注釈・補足》
     [人の噂も七十五日]【日本の諺】
          生死・流転『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


A word (is enough/sufficient) to the wise.
  賢者には一言にして足る

     [一を聞いて十を知る]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:ABC順による分類  (英語ことわざ集)