英語ことわざ小事典

 
 


ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

 キーワードによる分類:
人(神等,含部位) 人[2] 人[3] 動物 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛


   
・あいうえお索引で検索: あ行

  Love makes the world go round.
愛がこの世を動かす

     (慈愛,敬愛,博愛,愛敬)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕+++++


  Love and reason do not go together. [Love and knowledge live not together.]
愛と理性は伴わない

     [恋は思案の外]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕


  Charity covers a multitude of sins.
愛は多くの罪を被う[慈善は多くの罪を償う]

     (ペトロの第一の手紙)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  Love sees no faults. [Love is blind.]
愛は欠点が見えない[恋は盲目]

     [恋は盲目・恋路の闇,痘痕も靨]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕


  Love conquers all.
愛はすべてを克服する

          心『教訓』/ 事〔キーワード〕


  Ill gotten/got, ill spent.
悪銭身につかず

     (不正に得られ利得は不正に消費される)《注釈・補足》
     [悪銭身につかず]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕****


  Better be a fool than a knave.
悪党より馬鹿がまし

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


  Needs must when the devil drives.
悪魔に追い立てられればどうしてもせざるをえない

     (心の中の欲望等も悪魔に喩えられる)《注釈・補足》
     [背に腹はかえられぬ]【日本の諺】
          心(執着,勇気)『教訓』/ 人(神等)〔キーワード〕*****


  The devil looks after his own.
悪魔は自分だけ大事

     (憎まれっ子世にはばかる)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕+


  The devil finds/makes work for idle hands (to do). [If the devil find a man idle, he'll set him to work.]
悪魔は暇人に仕事を見つける

     [小人閑居にして不善をなす]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+


  The devil is not so black as he is painted.
悪魔も絵に描かれるほど真っ黒ではない

     (全くの悪人というものはいない、性善説)《注釈・補足》
     [参考:盾の半面]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕+


  Every flow must have its ebb.
上げ潮には引き潮がある

     (欠ければ満つる世の習い)《注釈・補足》
     [盈(み)つれば虧(か)く]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕**


  If you sing before breakfast, you will cry before night.
朝から歌っていると日暮れまでには泣くことになる

     (はしゃぎすぎを戒めて)《注釈・補足》
     [参考:楽あれば苦あり,楽は苦の種]【日本の諺】
          中道・中庸『教訓』/ 事〔キーワード〕****


  Never tell your enemy that your foot aches.
足が痛いことは敵に言うな

     (わざわざ弱点を知らせることはない)《注釈・補足》
          言動(注意・用心)『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


  Tomorrow is another day.
明日という日もある

     (明日はまた別の成行きになるだろう)《注釈・補足》
     [明日は明日の風が吹く]【日本の諺】
          生死・流転『教訓』/ 事〔キーワード〕++++


  No sweet without sweat. [No pain(s), no gain(s). / No gain(s) without pain(s).]
汗をかかずに甘い物は得られない

     (苦労なくして得るものはない)《注釈・補足》
     [苦は楽の種・蒔かぬ種は生えぬ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 物・事〔キーワード〕


  The mouse that has but one hole is quickly taken.
穴が一つだけの鼠はすぐに捕まる

     (一つの事だけに頼るのは危険だ)《注釈・補足》
          原理・法則『教訓』/ 動物〔キーワード〕+


  Every lover sees a thousand graces in the beloved object.
痘痕も靨(えくぼ)

     [痘痕も靨,惚れた欲目]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕**


  Who repairs not his gutters repairs his whole house.
雨樋を直さない者は家全部を直すことになる

     (手抜かりが取り返しのつかない事に)《注釈・補足》
     [千丈の堤も蟻穴より崩る・蟻の穴から堤も崩れる『韓非子』]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕++


  The rain falls on the just and the unjust.
雨は正しい者にも正しくない者にも降る

     (有徳の人物にも災難は降りかかる マタイ伝 Matt 5:45)《注釈・補足》
     [参考:恵みの雨]【日本の諺】
          平等『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕+++++


  No man is infallible. [(Even) Homer sometimes nods.]
あやまたぬ人はいない

     [弘法にも筆の誤り,猿も木から落ちる,河童の川流れ,上手の手から水が漏れる]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 人〔キーワード〕


  It is never too late to mend.
過ちて改むるに憚(はばか)る事なかれ

     (改めるのに遅すぎることはない)《注釈・補足》
     [参考:過ちて改むざる、これを過ちという「論語(衛霊公)」]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕****


  He that commits a fault thinks everyone speaks of it.
過ちを犯した者は人が皆噂をしていると思うものだ

          心『教訓』/ 人〔キーワード〕***


  He who makes no mistakes makes nothing.
過つ事なき者は何もなさぬ者なり

     [参考:失敗は成功のもと・母]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


  After a storm (comes) a calm.
嵐の後は凪(が来る)

     (the calm before the storm)《注釈・補足》
     [雨降って地固まる,参考:嵐の前の静けさ]【日本の諺】
          生死・流転『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕+++


  Much will/would have more.
あるが上にも欲しがるものだ

     (The more one has [you have/get], the more one wants [you want].「人は持てば持つほど更に欲しくなるものだ。」)《注釈・補足》
     [隴(ろう)を得て蜀(しょく)を望む《後漢書》]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕****


  Marry in haste, (and) repent at leisure.
あわてて結婚してゆっくり悔やめ[あわてて結婚するとゆっくりと後悔するのがおち]

     [参考:縁と浮き世は末を待て,急いては事を仕損ずる]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕****


  Pity is akin to love.
憐れみは恋に通ずる

          心『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


  Do not halloa till you are out of the wood.
安心できるまでは喜ぶな

     (森から出るまでは大声で発するな)《注釈・補足》
          言動(注意・用心)『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  (It's) easier said than done.
言うは易く行うは難し

     (言うのは易しいが行なうのは困難だ)《注釈・補足》
     [言うは易く行うは難し]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


  Every law has a loophole.
いかなる法にも抜け穴がある

     (例外のない規則はない,「完全無欠」でない)《注釈・補足》
     [参考:悪法も又法なり《ソクラテス》]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 事〔キーワード〕-


  There are two sides to every question.
いかなる問題にも二つの側面がある

     (表裏,二面性,長所と短所)《注釈・補足》
     [外面似菩薩(じぼさつ)・如菩薩内心如夜叉(にょやしゃ)]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕-


  Let not the sun go down upon your wrath.
怒りは翌日まで持ち越すな

     (いつまでも怒るな,「《聖》エペソ[エフェソ]書4-26」)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕****


  Live and learn.
生きて学べ

     [六十の手習い・八十の手習い]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 人〔キーワード〕


  One is [You are] never too old to learn.
幾つになっても学ぶ事はあるものだ

     (学ぶのに年齢[遅過ぎること]はない,譬え:六十の手習い,八十の手習い)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


  You cannot get blood from [out of] a stone/turnip.
石[かぶ]を絞っても、血は出ない

     (持ち合わせのない人間から同情[援助,金]は得られない)《注釈・補足》
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕++


  The belly has no ears.
衣食足りて礼節を知る

     (食欲は聞く耳を持たぬ)《注釈・補足》
     [衣食足りて礼節を知る]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 事〔キーワード〕+


  Well fed, well bred.
衣食足りて礼節を知る

     (十分に食べることができて初めて養育されるようになる)《注釈・補足》
     [衣食足りて礼節を知る『管子』]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕++


  One of these days is none of these days.
いずれそのうちという日はない

     (あてにならない)《注釈・補足》
     [紺屋の明後日(あさって)]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


  More haste, less/worse speed.
急がば回れ

     (急ぐほど、よりゆっくりと,着実に・慎重に)《注釈・補足》
     [急がば回れ]【日本の諺】
          言動(注意・用心)『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


  Haste trips over its own heels.
急ぐと自分の踵につまずくもの

     [急いては事を仕損ずる]【日本の諺】
          中道・中庸『教訓』/ 事〔キーワード〕***


  Nothing great is easy.
偉大なものに容易なものはない

     (偉大なるものその過程もまた容易ならず)《注釈・補足》
          努力『教訓』/ 物〔キーワード〕*****


  An ounce of discretion is worth a pound of wit.
1オンスの思慮は1ポンドもの機知に値する

     (16オンスで1ポンド,分別や慎重さの大切なことを説いている)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕*


  Once a beggar [priest/whore], always a beggar [priest/whore].
一度でも乞食をすれば永遠に乞食

     (3日乞食[坊主,女郎]をしたらやめられない)《注釈・補足》
     [乞食も三日すれば忘れられぬ]【日本の諺】
          原理・法則(習慣)『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


  An apple a day keeps the doctor away.
一日1個のリンゴを食べれば医者は要らない

     (健康に良いというのと、馴染みの果物だからでしょう)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 植物〔キーワード〕+++


  The highest branch is not the safest roost.
一番高い枝が最も安全なねぐらとはいえない

     (高位にあれば危険も多い)《注釈・補足》
     [高木は風に折らる]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 植物〔キーワード〕+


  The worst wheel of the cart creaks most.
一番駄目な車輪が一番軋む

     (駄目なやつは文句が多い)《注釈・補足》
     [参考:鳴く猫は鼠を捕らぬ]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 物〔キーワード〕+


  They brag most who can do least.
一番出来ない者が一番自慢する

     [参考:鳴く猫は鼠を捕らぬ]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕++


  The best fish swims near the botom.
一番良い魚は底近く泳ぐ

     (良い物は簡単には入手できない)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕+


  Best is cheapest.
一番良い物が一番安い

     (良い物は長持ちする等で結局安い)《注釈・補足》
     [安かろう悪かろう,安物は高物,安物買いの銭失い]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 物〔キーワード〕*


  The weakest goes to the wall.
一番弱い者は壁際へ

     (優勝劣敗,弱肉強食)《注釈・補足》
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕+


  A penny saved is a penny earned/gained.
1ペニーの節約は1ペニーの儲け

     [参考:塵も積もれば山となる]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕*


  Don't take your harp to the party.
いつも同じ話ばかりするものじゃない

     (Harp not for ever on the same string. Not good is it to harp on frayed string.)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 物〔キーワード〕**


  It is the unexpected that always happens.
いつも思いがけないことが起こるもの

     [参考:瓢箪から駒が出る]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


  A constant guest is never welcome.
いつも来る客は歓迎されない

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


  to kill two birds with one stone
一石二鳥

     (一挙両得)《注釈・補足》
     [一石二鳥]【日本の諺】
          欲『教訓』/ 動物〔キーワード〕


  All are not thieves that dogs bark at.
犬が吠えかかる者が泥棒とは限らない

     [人は見かけによらぬもの,参考:人を見たら泥棒と思え]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕+++++


  What one loses on the swings one gains/wins on the roundabouts.
一方で悪い事があれば他方で良い事がある

     (ぶらんこでの損は回転木馬で取り戻す,帳尻を合せる)《注釈・補足》
     [楽あれば苦あり]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 事〔キーワード〕++


  One man's meat/gravy is another man's poison.
一方の肉は他方の毒

     (毒も薬も人によりけり)《注釈・補足》
     [甲の薬は乙の毒]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕


  One foot is better than two crutches.
一本足でも二本の松葉杖に優る

     (あるものに甘んじよ)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


  If one sheep leaps over the ditch, all the rest will follow.
一頭が溝を飛び越せば全ての羊は後から続く

     (率先垂範,羊は臆病な群棲動物です)《注釈・補足》
     [参考:先に立つ]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕****


  Give a dog a bad name and hang him
犬には汚名を着せて吊るしてしまえ

     (一度悪名を取ったら最後だ)《注釈・補足》
     [悪評の力は恐ろしい]【日本の諺】
          責任『教訓』/ 動物〔キーワード〕


  While there is life there is hope.
命のある間は希望がある[生命がある限り希望もある]

     [参考:命あっての物種,死んで花実がなるものか]【日本の諺】
          生死・流転『教訓』/ 人〔キーワード〕++


  A bully is always a coward.
威張るやつはきまって臆病者だ

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


  Clothes do not make the man.
衣服は人を作らず

     (服で人柄は変わらない)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕**


  (There's [There is]) no time like the present.
今よりいい時はない,現在に優る好機はない

     (するなら今だ)《注釈・補足》
     [思い立つ日が吉日・思い立ったが吉日]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕+


  You can take/lead a horse to water, but you can't make him drink.
いやがることはさせられない

     (馬を水辺に連れて行くことはできるが水を飲ませることはできない)《注釈・補足》
          原理・法則『教訓』/ 動物〔キーワード〕++


  Full of courtesy, full of craft.
慇懃(いんぎん)過ぎる者には巧知あり

     (うわべは丁寧なようで実は策士)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕***


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:あいうえお順による分類  (英語ことわざ集)