英語ことわざ小事典

 
 


ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

 キーワードによる分類:
人(神等,含部位) 人[2] 人[3] 動物 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛


   
・ABC索引で検索: H

Habit is (a) second nature. [Custom is a second nature.]
  習慣は第二の天性なり,慣性(ならいせい)となる

     (習慣も天性のようになる)《注釈・補足》
     [習慣は第二の天性なり,慣性となる]【日本の諺】
          生死・流転『教訓』/ 事〔キーワード〕(**)


Half a loaf is better than none [no bread].
  半分でも無いよりはまし

          欲『教訓』/ 物〔キーワード〕


Half the world knows not how the other half lives.
  世間の半分はあとの半分の暮らしを知らないものだ

     (無関心)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 物〔キーワード〕***


Handsome is as/that handsome does.
  行いの立派なのが立派な人

     [見目より心]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Happy is the bride the sun shines on.
  結婚式に日が照るのは幸先がよい

     (縁起の良いスタート)《注釈・補足》
     [参考:縁起をかつぐ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕+++++


Happy is the country that has no history.
  歴史なき国は幸いなり

     (歴史には戦争等の陰の部分もあるから)《注釈・補足》
          生死・流転『教訓』/ 物〔キーワード〕***


Hard words break no bones.
  きつい言葉なら怪我はない

     (厳しい言葉だけでは骨は折れない)《注釈・補足》
     [参考:言葉の下に骨を消す]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Harp not for ever on the same string.
  始終同じ事ばかり話すな

     (同じ弦をいつまでも弾くな)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 物〔キーワード〕***


Haste makes waste.
  急いては事を仕損ずる

     (あまり急ぐと無駄にすることになりやすい)《注釈・補足》
     [急いては事を仕損ずる,参考:短気は損気]【日本の諺】
          中道・中庸『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


Haste trips over its own heels.
  急ぐと自分の踵につまずくもの

     [急いては事を仕損ずる]【日本の諺】
          中道・中庸『教訓』/ 事〔キーワード〕***


He must have a long spoon that sups with the devil.
  悪者と組む者は油断も隙もあってはならない

     (悪魔と食事をする者は長いスプーンを持たなくてはならない)《注釈・補足》
     [参考:油断も隙もない]【日本の諺】
          欲・損得(注意・用心)『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He that cannot obey cannot command.
  服従できない者は支配できない

          心『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He that commits a fault thinks everyone speaks of it.
  過ちを犯した者は人が皆噂をしていると思うものだ

          心『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He that has a great nose thinks everybody is speaking of it.
  大きな鼻をしている人は誰もがその噂をしていると思っている

     (劣等感,自意識過剰)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕-


He that serves everybody is paid by nobody.
  誰にでも仕える者は誰からも報いられない

     (八方美人,風見鶏)《注釈・補足》
     [参考:忠臣は二君に事(つか)えず]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕-


He that would eat kernel must crack the nut.
  実を食せんとする者はクルミを割らねばならぬ

     [参考:棚から牡丹餅]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He that would the daughter win, must with the mother first begin.
  娘を得んとする者はまず母親より始めよ

     [将を射んと欲すれば先ず馬を射よ]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He travels (the) fastest who travels alone.
  一人旅が一番速い

     (妻子や仲間が邪魔になる時の言葉,英国の Rudyard Kipling の詞)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who begins many things, finishes but few.
  多くの事に手を出す者は仕上げるのが少ない

     (中途半端)《注釈・補足》
          中道・中庸『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who denies all confesses all.
  全てを否認するは全てを告白するに同じ

     (逆効果)《注釈・補足》
          言動(注意・用心)『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who/that fights and runs away lives to fight another day. [He that fights and runs away may live to fight another day.]
  戦って逃げても生きながらえて他日また戦う機会がある

     (無謀さに対する戒め)《注釈・補足》
     [参考:三十六計逃げるに如(し)かず,逃げるが勝ち]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who gives fair words feeds you with an empty spoon.
  上手い言葉は空のスプーン

     (中身が無い)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who goes against the fashion is himself its slave.
  流行に逆らう者もまた流行の奴隷なり

     (結果的に本人の意図と反対になっている)《注釈・補足》
          心(執着)『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who hesitates is lost.
  ためらう者は機会を逃す

     [参考:虎穴に入らずんば虎子を得ず]【日本の諺】
          心(勇気)『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who laughs last laughs loudest/longest. [He laughs best who laughs last.]
  最後に笑う者が最もよく笑う

     (うっかり人を笑うな,あまり気早に喜んではいけない)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕


He who makes no mistakes makes nothing.
  過つ事なき者は何もなさぬ者なり

     [参考:失敗は成功のもと・母]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who runs after two hares will catch neither.
  二兎を追う者は一兎をも得ず

     (二つの事を同時にしようとしても共に成功しない)《注釈・補足》
     [二兎を追う者は一兎をも得ず]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 動物〔キーワード〕+++


He who would climb the ladder must begin at the bottom.
  梯子を登ろうとする者は一段目から始めよ

     [千里の道も一歩から]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 人〔キーワード〕


Health is better than wealth.
  健康は富にまさる

          金『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Hear no evil, see no eveil, speak no evil.
  (悪い事は)見ざる,聞かざる,言わざる

     (三猿)《注釈・補足》
          言動(注意・用心)『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Heaven/God helps those who help themselves.
  天は自ら助くるものを助く

     (自助努力する者を天は助けて幸福を与える,self-help)《注釈・補足》
     [天は自ら助くるものを助く]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


Heaven's vengeance is slow but sure.
  天罰は遅いが必ず来る

     (**)《注釈・補足》
     [『老子』天網恢々(かいかい)疎にして漏らさず]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Hide not your light under a bushel.
  灯した明かりを枡の下に置くな

     (マタイ伝5-15,謙遜し過ぎるな,枡の下に灯火を隠し置いても役に立たない,bushel は約36リットルの穀物計量単位で容器でもあった)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕***


History repeats itself.
  歴史は繰り返す

     (二度あることは三度ある)《注釈・補足》
     [歴史は繰り返す,二度あることは三度ある]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Hoist your sail when the wind is fair.
  順風の時に帆を揚げよ

     (好機に行動せよ)《注釈・補足》
     [順風に帆をあげる,好機逸すべからず、比較:得手 に帆を揚げる]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕+++++


(Even) Homer sometimes nods.
  名人も居眠りする[過つ]ことはある,ホーマー[ホメーロス]でさえ居眠りすることはある

     (Homer:ホメロス「ギリシアの詩人」)《注釈・補足》
     [弘法にも筆の誤り,猿も木から落ちる,河童の川流れ]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Honesty is the best policy.
  正直は最上の策

     [正直の頭に神宿る]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 事〔キーワード〕


Hope deferred maketh the heart sick.
  望みを得ることが長引く時は心を悩ます

     (maketh:makes,『聖』箴言13-12)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Hope for the best and prepare for the worst.
  また良い事もあろうと楽観して最悪に備えよ

     (最良を望み、最悪に備えよ)《注釈・補足》
     [参考:備えあれば患えなし]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Hope springs eternal (in the human breast).
  人間は決して希望を捨てない

     (英国詩人 Alexander Pope の言葉,希望は(人の胸中の)永遠なるものを解き放す)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Hunger is the best sauce.
  空腹は最上のソース

     [ひもじい時のまずい物なし]【日本の諺】
          欲『教訓』/ 事〔キーワード〕


Hypocrisy is a homage that vice pays to virtue.
  偽善とは悪が善に捧げる敬意なり

          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕***


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:ABC順による分類  (英語ことわざ集)