英語ことわざ小事典

 
 


ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

 キーワードによる分類:
人(神等,含部位) 人[2] 人[3] 動物 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛


   
・ABC索引で検索: I

Idle folk/people have the least leisure.
  怠け者に余暇なし

     (怠け者は余暇を作る努力もしない)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Idleness is the root/mother of all evil [sin/vice].
  怠惰は悪徳のもと

     [小人閑居して不善をなす]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕****


If a man deceives me once, shame on him; if he deceives me twice, shame on me.
  私を一度欺く者には恥あれ、私を二度欺く事あらば私に恥あれ

     (失敗から学ばないで、二度騙もされる自分が悪い)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕****


If each would sweep before the door, we should have a clean city.
  各人が戸口を掃けば町は清潔になるだろう

     [参考:小時は大事]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 事〔キーワード〕****


If it were not for hope, the heart would break.
  望みなき時心破れる

     (希望があるから生きていける)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕****


If one sheep leaps over the ditch, all the rest will follow.
  一頭が溝を飛び越せば全ての羊は後から続く

     (率先垂範,羊は臆病な群棲動物です)《注釈・補足》
     [参考:先に立つ]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕****


If the cap/shoe fits(, wear it).
  その言葉に思い当たるなら自分の事と思うがよい[もしその帽子がぴったりなら被りなさい]

     {批判に当てはまるところがあれば(他人の事でも自分の事として)受け入れなさい}《注釈・補足》
     [参考:人のふり見て我がふり直せ]【日本の諺】
          学び(反省)『教訓』/ 物〔キーワード〕****


If there were no clouds, we should not enjoy the sun.
  雲がなかったら太陽の喜びもない

     (苦しみがあっての喜び)《注釈・補足》
     [参考:苦は楽の種]【日本の諺】
          欲・損得(比較)『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕****


If wishes were horses, beggars might/would ride.
  望んで馬が手に入るなら乞食でも馬に乗る

     (望むだけなら何でもできる,願望だけでは何事も成就しない、wish は名詞)《注釈・補足》
          努力『教訓』/ 動物〔キーワード〕


If you can't beat (lick) 'em, join 'em.
  長い物には巻かれよ

     (もし負かすことが出来ないのなら仲間になれ)《注釈・補足》
     [長い物には巻かれよ]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕****


If you cannot bite, never show your teeth.
  無理な威嚇はやめておけ

     (噛み付けないなら歯を見せるな)《注釈・補足》
          心(勇気)『教訓』/ 事〔キーワード〕****


If you sing before breakfast, you will cry before night.
  朝から歌っていると日暮れまでには泣くことになる

     (はしゃぎすぎを戒めて)《注釈・補足》
     [参考:楽あれば苦あり,楽は苦の種]【日本の諺】
          中道・中庸『教訓』/ 事〔キーワード〕****


Ignorance is bliss. [Where ignorance is bliss, 'tis folly to be wise.:英国詩人 Thomas Gray の句]
  無知は至福である[知らぬ方が幸せな場合、知って(不幸で)いるのは愚かだ]

     ('tis は it is の短縮形)《注釈・補足》
     [知らぬが仏]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕****


Ill gotten/got, ill spent.
  悪銭身につかず

     (不正に得られ利得は不正に消費される)《注釈・補足》
     [悪銭身につかず]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕****


Ill news comes/flies apace. [Bad news travels fast/quickly.]
  悪い知らせは速く伝わる

     (悪い知らせはすぐに世間に知れ渡る)《注釈・補足》
     [悪事千里を走る]【日本の諺】
          言動(注意・用心)『教訓』/ 事〔キーワード〕


Ill weeds grow apace [are sure to thrive].
  雑草は茂りやすい・生長が速い

     (嫌われるような物・者が却って世間で幅を利かせる)《注釈・補足》
     [憎まれっ子世にはばかる]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 植物〔キーワード〕+++


Imitation is the sincerest form of flattery.
  模倣は最も誠意ある追従(ついしょう)なり

     (言うは易く行うは難し)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕****


In a calm sea every man is a pilot.
  穏やかな海なら誰でも水先案内が務まる

     (嵐でも乗り切れる者が水先案内を務めればよい)《注釈・補足》
     [参考:疾風に勁草(けいそう)を知る ]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕-


In the country of the blind, the one-eyed is king.
  鳥無き里の蝙蝠(こうもり)

     (目の見えない人々の国では片目が見える人は王様になれる)《注釈・補足》
     [鳥無き里の蝙蝠]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕****


It is a foolish [an ill] bird that soils/fouls its own nest.
  自分の巣を汚すのはばかな鳥だ

     (身近な事[仲間]を大切にせよ)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕****


It is a foolish sheep that makes the wolf his confessor.
  狼を自分の聴罪司祭にするとは馬鹿な羊だ

     (信頼できぬ者に秘密を語るな)《注釈・補足》
     [参考:愚の骨頂]【日本の諺】
          言動(注意・用心)『教訓』/ 動物〔キーワード〕****


It is a long lane/road that has/knows no turning.
  曲がることのない道は長いものだ

     {何時までも同じ(よくない)状態が続くことはない}《注釈・補足》
     [待てば海路の日和あり]【日本の諺】
          忍耐『教訓』/ 物〔キーワード〕+++


It is a sad house where the hen crows louder than the cock.
  雌鳥が雄鶏より大声で鳴く家は不幸な家だ

     (亭主より女房が強いのは不幸だ)《注釈・補足》
     [雌鳥歌えば家亡ぶ]【日本の諺】
          平等(偏見)『教訓』/ 動物〔キーワード〕****


It is as well to know which way the wind blows.
  風向きを知っておくがよい

     (風向きは「物事の成行き」や「人の機嫌」等にも当てはまります)《注釈・補足》
          生死・流転『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕****


It is easy to bear the misfortunes of others.
  人の不幸を堪え忍ぶのは易しいものだ

          心『教訓』/ 事〔キーワード〕****


It is good fishing in troubled waters.
  波立った水[濁水]で魚を捕るのは上手いやり方[荒波ではよく釣れる]

     (人の困難な時に付け込むのは簡単だ,どさくさ紛れ)《注釈・補足》
     [参考:漁夫の利]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕+++++


It is never too late to mend.
  過ちて改むるに憚(はばか)る事なかれ

     (改めるのに遅すぎることはない)《注釈・補足》
     [参考:過ちて改むざる、これを過ちという「論語(衛霊公)」]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕****


It is no use/good (in) crying over spilt/spilled milk.
  覆水盆に返らず

     (こぼれてしまったミルクを嘆いても無駄だ,過ぎ去った事は悔やんでみても始まらぬ)《注釈・補足》
     [覆水盆に返らず]【日本の諺】
          学び(反省)『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


It is the unexpected that always happens.
  いつも思いがけないことが起こるもの

     [参考:瓢箪から駒が出る]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


It is useless to flog a dead horse.
  死に馬に鞭打っても無駄だ

     (過ぎた事は諦めよ)《注釈・補足》
     [死に馬に鍼(はり)をさす]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 動物〔キーワード〕****


It's an ill wind that blows nobody (any) good.
  だれの得にもならない風は吹かない

     (甲の損は乙の得)《注釈・補足》
          欲・損得『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕+++


It's dogged (as/that) does it.
  事の成否はがんばり一つ

     (根気強さが事を成す)《注釈・補足》
          努力『教訓』/ 事〔キーワード〕****


It's the last straw that breaks the camel's back.
  重荷に小付(こづけ)

     {(限度を超せば)たとえ藁一本載せても駱駝の背骨が折れる}《注釈・補足》
     [重荷に小付]【日本の諺】
          中道・中庸『教訓』/ 動物〔キーワード〕+++


It never rains but it pours. [When it rains, it pours.]
  降れば(必ず)土砂降り

     (不幸[物事]は重なるもの)《注釈・補足》
     [泣き面に蜂,弱り目に祟り目]【日本の諺】
          忍耐『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕+++


It takes all sorts (to make a world).
  世の中は様々な人でできあがっている[世間をなすにはあらゆる人間が要る]

     (変わり者もいなければ世間とは言えない)《注釈・補足》
          原理・法則『教訓』/ 物〔キーワード〕****


It takes two to make a quarrel.
  二人いなけりゃ喧嘩にならない

     (相手がいなければ腹も立たないし喧嘩にもならない)《注釈・補足》
     [参考:腹が立つ,喧嘩を売る,喧嘩を買う]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕****


――――――――― J

Jack is as good as his master.
  召使は主人に劣らず

     (人は皆同じ,Jack:召使)《注釈・補足》
          平等(偏見)『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Jack of all trades, and master of none.
  多芸は無芸

     (何でもやれる人に秀でた芸はない,jack-of-all-trades:万屋・何でも屋)《注釈・補足》
     [多芸は無芸]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


Judge not, that ye be not judged.
  人を裁くな、人に裁かれぬためである

     (ye:you,「《聖》マタイ伝7-1」)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕****


――――――――― K

Kind hearts are more than coronets.
  優しき心は宝冠にまさる

          心『教訓』/ 事〔キーワード〕****


Know your own faults before blaming others for theirs.
  人の欠点を責める前に自分の欠点を知れ

     [参考:人のふり見て我がふり直せ]【日本の諺】
          言動(注意・用心)『教訓』/ 事〔キーワード〕****


Knowledge is power.
  知識は力なり

     (知っていれば心強い)《注釈・補足》
     [参考:知は力なり『Fベーコン』]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:ABC順による分類  (英語ことわざ集)