英語ことわざ小事典

心に関係する言葉,慣用句は沢山あります、そして気付かされる諺も多く有ります。はNever trouble trouble till trouble troubles you.(取越し苦労はするな),Fortune favors the bold/brave.(運命の女神は勇者に味方する),If it were not for hope, the heart would break.(望みなき時心破れる)
 


ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 性質[3] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

 キーワードによる分類:
人(神等,含部位) 人[2] 人[3] 動物 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛


   
・教訓による検索: 心(執着,勇気)

As rust eats iron, so care eats the heart. [Care killed the/a cat.]
  錆びが鉄を蝕むように、心労は心を蝕む

     [心配は身の毒だ]【日本の諺】
          心『教訓』/ 物〔キーワード〕


Discretion is the better part of valor.
  用心は勇気の大半

     (思慮分別も勇気のうち)《注釈・補足》
     [君子危うきに近寄らず]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕


Laughter is the best medicine.
  笑いは一番の薬

     (参考:笑う門には福来る)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕


Love and reason do not go together. [Love and knowledge live not together.]
  愛と理性は伴わない

     [恋は思案の外]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕


Love conquers all.
  愛はすべてを克服する

          心『教訓』/ 事〔キーワード〕


Love sees no faults. [Love is blind.]
  愛は欠点が見えない[恋は盲目]

     [恋は盲目・恋路の闇,痘痕も靨]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕


The wish is father to the thought.
  願いは思いの父

     (願いはいつか叶う)《注釈・補足》
     [願望は信仰のもと]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕


Virtue is its own reward.
  徳はそれ自体が報酬である

          心『教訓』/ 事〔キーワード〕


Where there's a will, there's a way.
  決意あるところ道あり

     [精神一到何事か成らざらん]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕


Care killed the [a] cat.
  九生ある猫でさえ心配のため死ぬ

     {猫は(執念深く・しぶとくて)なかなか死なない}《注釈・補足》
     [心配は身の毒]【日本の諺】
          心『教訓』/ 動物〔キーワード〕**


Claw me, I'll claw thee.
  人は万事、相手の出方しだい

     (thee:汝を)《注釈・補足》
     [魚心あれば水心:魚、心あれば、水、心あり]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Conscience does make cowards of us all.
  良心は我ら皆を臆病者にする

     {(良心に恥じる)疾しい事があればびくつくものだ}《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Don't cross the/a bridge [your bridges] until you come/get to it/them.
  取越し苦労をするな

     (橋まで来ないうちに渡る心配をしなくていい)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Every cloud has a silver lining.
  どの雲も裏側は銀白

     (暗い状況でも希望[よい面]は見出せる)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕**


Every man is his worst enemy.
  最大の敵は自己である

     (自己変革等を妨げるのは古い弱い自分)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Everything in the garden is lovely.
  全てが満足,万事順調

     (庭にある全てが愛らしい)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Expectation is better than realization.
  期待は実現にまさる

     [見ぬが花]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Fortune favors the bold/brave.
  運命の女神は勇者に味方する

     (成功する為には勇気が必要)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Half the world knows not how the other half lives.
  世間の半分はあとの半分の暮らしを知らないものだ

     (無関心)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 物〔キーワード〕***


He that cannot obey cannot command.
  服従できない者は支配できない

          心『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He that commits a fault thinks everyone speaks of it.
  過ちを犯した者は人が皆噂をしていると思うものだ

          心『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who goes against the fashion is himself its slave.
  流行に逆らう者もまた流行の奴隷なり

     (結果的に本人の意図と反対になっている)《注釈・補足》
          心(執着)『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who hesitates is lost.
  ためらう者は機会を逃す

     [参考:虎穴に入らずんば虎子を得ず]【日本の諺】
          心(勇気)『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Hope deferred maketh the heart sick.
  望みを得ることが長引く時は心を悩ます

     (maketh:makes,『聖』箴言13-12)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Hope springs eternal (in the human breast).
  人間は決して希望を捨てない

     (英国詩人 Alexander Pope の言葉,希望は(人の胸中の)永遠なるものを解き放す)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕***


If it were not for hope, the heart would break.
  望みなき時心破れる

     (希望があるから生きていける)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕****


If you cannot bite, never show your teeth.
  無理な威嚇はやめておけ

     (噛み付けないなら歯を見せるな)《注釈・補足》
          心(勇気)『教訓』/ 事〔キーワード〕****


It is easy to bear the misfortunes of others.
  人の不幸を堪え忍ぶのは易しいものだ

          心『教訓』/ 事〔キーワード〕****


Kind hearts are more than coronets.
  優しき心は宝冠にまさる

          心『教訓』/ 事〔キーワード〕****


Laugh and grow/be fat.
  笑って太れ

     (心配は身の毒)《注釈・補足》
     [笑う角には福来たる]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕****


Let not the sun go down upon your wrath.
  怒りは翌日まで持ち越すな

     (いつまでも怒るな,「《聖》エペソ[エフェソ]書4-26」)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕****


Life is sweet.
  この世は楽し

          心『教訓』/ 事〔キーワード〕****


Lightning never strikes (in) the same place twice.
  雷は同じ場所に・で二度落ちない

     (ひどい災難は同じ人に二度降りかかることはない,楽観的見方)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕****


Many kiss the hand they wish to cut off.
  切り取ってしまいたい相手の手にもキスする者は多い

     (面従腹背)《注釈・補足》
     [参考:人は見かけによらぬもの,外面似菩薩内心如夜叉]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Many would be cowards if they had courage enough.
  十分な勇気があれば臆病者になる者も多かろう

     (臆病と言われようが、時には撤退も勇気のうち)《注釈・補足》
          心(勇気)『教訓』/ 事〔キーワード〕****


Needs must when the devil drives.
  悪魔に追い立てられればどうしてもせざるをえない

     (心の中の欲望等も悪魔に喩えられる)《注釈・補足》
     [背に腹はかえられぬ]【日本の諺】
          心(執着,勇気)『教訓』/ 人(神等)〔キーワード〕*****


Never trouble trouble till trouble troubles you.
  取越し苦労はするな

          心『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


One foot is better than two crutches.
  一本足でも二本の松葉杖に優る

     (あるものに甘んじよ)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


One lie makes many.
  一つの嘘は多くの嘘を生む

     (嘘は嘘を呼ぶ)《注釈・補足》
     [参考:嘘で固める]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


One pair of heels is often worth two pairs of hands.
  踵二つで手の四つ分

     (二人相手に勝てないなら取り敢えず足で逃げろ)《注釈・補足》
     [逃げるが勝ち]【日本の諺】
          心(勇気)『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


Open confession is good for the soul.
  率直な告白は心を安らげる

     (心の平穏こそ至福です)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


Pity is akin to love.
  憐れみは恋に通ずる

          心『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


Rain before seven, fine before eleven.
  7時前に降れば11時前には晴れる

     (そのうちに良くなるさ,楽観論)《注釈・補足》
     [参考:待てば海路の日和あり]【日本の諺】
          心『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕*****


The cowl does not make the monk.
  僧服 僧を作らず

     (体裁を繕っても駄目)《注釈・補足》
     [衣ばかりで和尚は出来ぬ]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The danger past, and God fogotten.
  喉元過ぎれば熱さを忘れる

     (危険が過ぎれば神を忘れる)《注釈・補足》
     [喉元過ぎれば熱さを忘れる]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The devil was sick, the devil a monk would be; The devil was well, the devil a monk was he.
  苦しい時には敬虔な決意をするが苦しみが去れば忘れてしまう

     (ウェールズのエピグラム作家 John Owen の句)《注釈・補足》
     [苦しい時の神頼み]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The nearer the church, the farther from God.
  教会に近いほど神からは遠ざかる

     (教会経営と信仰生活は平行しがたい)《注釈・補足》
     [参考:信心過ぎて極楽を通り越す]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The road to hell is paved with good intentions.
  地獄への道は善い意図で敷き詰められている

     (意図は善くても結果は地獄という事もある)《注釈・補足》
     [参考:地獄は壁一重]【日本の諺】
          心『教訓』/ 物〔キーワード〕+


The spirit is willing , but the flesh is weak.
  心は熱すれども肉体弱きなり

     (《聖書》マタイ伝 26:41)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+


To know all is to forgive/pardon all.
  全てを知れば全てを許すことになる

     (理由が分かれば許したくなる)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕++


Uneasy lies the head that wears a crown.
  冠を戴く頭は安んぜず

     (偉大なる者には安まる時はない,シェイクスピア)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕++


What the heart thinks, the mouth speaks.
  思いは口に出る

     (心情を口は話す)《注釈・補足》
     [参考:文は人なり]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕++


When the cat's away, the mice will/do play.
  鬼の居ぬ間に命の洗濯

     (猫が居ないと鼠は楽しむ)《注釈・補足》
     [鬼の居ぬ間に命の洗濯]【日本の諺】
          心『教訓』/ 動物〔キーワード〕++


A sound mind in a sound body.
  健全なる精神は健全なる身体に宿る

     (ローマ詩人 ユウェナリス)《注釈・補足》
     [健全なる精神は健全なる身体に宿る]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


Even a worm will/may turn. [Tread on a worm and it will turn.]
  (踏まれれば)虫でも反撃するものだ

     (弱者にも意地や意志はあるので、踏みにじれば反発もする)《注釈・補足》
     [一寸の虫にも五分の魂]【日本の諺】
          心(勇気)『教訓』/ 動物〔キーワード〕+++


Fortune comes in by a merry gate.
  笑う門には福来(きた)る

     (幸運は陽気な一家に巡って来る、英訳諺か?)《注釈・補足》
     [笑う門には福来る]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


Love is blind.
  恋は盲目

     (恋愛で理性を失い分別を無くす,恋路の闇)《注釈・補足》
     [恋は盲目,恋は闇,恋は思案の外(ほか),恋は曲者(くせもの),参考:痘痕もえくぼ]【日本の諺】
          心(執着)『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


Love me, love my dog.
  私を慕うなら犬まで慕え

     (一族友人まで慕え)《注釈・補足》
     [参考(比較):坊主憎けりゃ袈裟まで憎い]【日本の諺】
          心『教訓』/ 動物〔キーワード〕+++


Man cannot live by bread alone.
  人はパンのみにて生くるにあらず[人はパンのみで生きるものではない]

     (精神の充実をはかれ,Man shall not live by bread alone. [Man doth not live by bread only.]《聖》Deut 8-3, Matt 4-4)《注釈・補足》
     [人はパンのみにて生くる者に非ず]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


None is so deaf as those who won't hear.
  聞こうとしない者ほど耳の聞こえない者はない

     [参考:馬耳東風]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


Nothing ventured, nothing gained. [Nothing venture, nothing have/gain/win.]
  虎穴に入らずんば虎子を得ず

     (危険を冒さなければ何も得られない)《注釈・補足》
     [虎穴に入らずんば虎子を得ず]【日本の諺】
          心(勇気)『教訓』/ 事・物〔キーワード〕++++


Out of sight, out of mind.
  目に触れぬものは忘れられる

     (死んだ人や遠くへ行った人,物も有り得るかな)《注釈・補足》
     [去る者は日々に疎し]【日本の諺】
          心(執着)『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


Seldom seen, soon forgotten.
  去る者は日々に疎し

     (あまり会わない者はすぐに忘れられる)《注釈・補足》
     [去るもの日々に疎し]【日本の諺】
          心(執着)『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


Love me little, love me long.
  細く長く我を愛せ

     (一時に燃え尽きさせず長続きさせよ)《注釈・補足》
     [細く長く]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+++++


Everyone [Every man] to his taste.
  好みは人それぞれ

     (十人十色)《注釈・補足》
     [蓼食う虫も好き好き]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕-


He that has a great nose thinks everybody is speaking of it.
  大きな鼻をしている人は誰もがその噂をしていると思っている

     (劣等感,自意識過剰)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕-


(You) scratch my back and I'll scratch yours.
  魚心あれば水心

     (背中を掻いてくれたら君の背中を掻いてあげよう:相手が好意的ならばそれに応じる用意がある)《注釈・補足》
     [魚心あれば水心,持ちつ持たれつ]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕--


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:教訓による分類  (英語ことわざ集)