英語ことわざ小事典

 
 


ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 性質[3] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

 キーワードによる分類:
人(神等,含部位) 人[2] 人[3] 動物 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛


   
・教訓による検索: 性質[1]

A man is known by the company he keeps [his friends]. [Men are known by the company they keep.]
  人は付き合う友達によって分かる

     [人は善悪の友による]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


A word (is enough/sufficient) to the wise.
  賢者には一言にして足る

     [一を聞いて十を知る]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


Children and fools speak the truth. [Children and fools cannot lie.]
  子供と馬鹿は本当のことを言う

     (子供と馬鹿は嘘が言えない)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


Men make houses, women make homes.
  男は家屋を作り女は家庭を作る

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


None but the brave deserves the fair.
  勇者以外は誰も美女に値しない

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


One man's meat/gravy is another man's poison.
  一方の肉は他方の毒

     (毒も薬も人によりけり)《注釈・補足》
     [甲の薬は乙の毒]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕


So many men, so many opinions. [Several men, several minds.]
  多くの人がいて、色んな考えがある

     (十人十色,一人一人みんな違う)《注釈・補足》
     [十人寄れば十国の者]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


The best things are hard [hardest/worst] to come by.
  最上のものは手に入れるのが(最も)難しい

          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕


The child is (the) father of/to the man.
  子は人の父

     [三つ子の魂百まで]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


The exception proves the rule.
  例外は規則の証明

     (例外があるということはすなわち規則のある証拠)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕


The fox is known by its/his brush.
  狐は尾で分かる

     (人それぞれに特徴がある)《注釈・補足》
     [十人十色]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕


There is a time and (a) place (for everything). [There is a tide in the affairs of men.]
  何事にもふさわしい時と場所というものがある

     (人生に潮時あり)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事・物〔キーワード〕


There is no rule but has some exceptions. [(There is) no rule without exception. / Every rule has its exception.]
  例外のない規則はない

     (どんな規則にも例外は出来てしまう)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕


(There's) no fool like an old fool.
  年寄りの馬鹿は始末に負えない

     [年寄れば愚に返る]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


There's no place like home.
  我が家にまさる所はない

     [うちほど良い所はない]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕


A bully is always a coward.
  威張るやつはきまって臆病者だ

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A constant guest is never welcome.
  いつも来る客は歓迎されない

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A great city, a great solitude.
  大都会では人は孤独

          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕*


A growing youth has a wolf in his belly.
  育ち盛りのおなかには狼がいる

     (いくら食べても食べ足りない、wolf (down) は動詞で「がつがつ食う」)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕*


A mill cannot grind with the water that is past.
  通り過ぎた水では水車も粉は挽けない

     (過ぎ去った時間は使えない)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕*


A wise man is never less alone than when alone.
  賢者は一人でいても孤独にはならない

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Adam's ale is the best brew.
  (やはり)水が一番の飲物

     (アダムの酒・ワイン,水)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕*


All cats are grey in the dark.
  暗闇では猫は全て灰色

     (美貌等は一皮剥けば同じ事)《注釈・補足》
     [暗闇・暗がりから牛を引き出す]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕*


An Englishman's house/home is his castle. [A man's house is his castle.]
  英国人の家は彼らの城である

     (家庭・私生活の不可侵)《注釈・補足》
     [比較:住めば都]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕*


An ounce of discretion is worth a pound of wit.
  1オンスの思慮は1ポンドもの機知に値する

     (16オンスで1ポンド,分別や慎重さの大切なことを説いている)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕*


Beauty is but/only skin deep.
  美しさも皮一重(ひとえ)

     (美醜も皮膚一重の僅かな差異,皮相な考え)《注釈・補足》
     [皮一重]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕*


Beauty is in the eye of the beholder.
  美は見る者の目の中にある

     (美の判定は見る人によって異なる)《注釈・補足》
     [参考:蓼食う虫も好き好き]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕*


Better be a fool than a knave.
  悪党より馬鹿がまし

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Better be an old man's darling than a young man's slave.
  若い男の奴隷になるより老人にかわいがられよ

     (女性の結婚相手)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Better be the head of a dog [an ass] than the tail of a lion/horse.
  鶏口となるとも牛後となるなかれ

     (小集団の長のが大集団の末より良い)《注釈・補足》
     [鶏口となるとも牛後となるなかれ]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕*


Better (to) be alone than in bad/ill company.
  悪い仲間と交わるより一人でいるが良い

     [参考:朱に交われば赤くなる]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Birds in their little nests agree.
  小さな巣の鳥たちは仲良くする

     (賛美歌の一節:Isaac Watts)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕*


Books and friends shoud be few but good.
  書物と友人とは数少なくて良いものであるべきだ

     (少なくていいから良い選択を)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕*


Busiest men find the most time.
  多忙な人ほど時間を見つけるものだ

     [参考:時間を割く]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Call no man happy till he is dead.
  誰も死んでしまうまでは幸せとは言えない

     (生きている限り苦しい事がある)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Christmas comes but once a year.
  クリスマスは年に一度しか来ない

     (だから大いに楽しめ,善行を施せ…)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Circumstances alter cases.
  事情によって立場・事態も変わる[情況が行動・対応の仕方を変える]

          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Cleanliness is next to godliness.
  綺麗好きは敬神に近い

          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Clothes do not make the man.
  衣服は人を作らず

     (服で人柄は変わらない)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕**


Creaking doors hang the longest.
  病身者の長命

     (軋む戸は長く取り付けられている,病が一つ位ある方が健康に注意するので長生きできる)《注釈・補足》
     [一病息災]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 物・人〔キーワード〕**


Crime doesn't pay.
  犯罪は引き合わないものだ

          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Curiosity killed the cat.
  好奇心も程々に

     (好奇心は九生ある猫をも殺す[しぶとくてなかなか死なない猫でも好奇心旺盛で身を危険に晒す],他人の事をあまり詮索すると酷い目にあう)《注釈・補足》
          性質(中道・中庸)『教訓』/ 事(動物)〔キーワード〕**(+++++)


Desert and reward seldom keep company.
  功賞相伴うはまれなり

     (功労に対する褒美は稀な事)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕**


Distance lends enchatment to the view.
  離れて見るから美しく見える

     (隔たりは眺望に魅力を添える)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Don't put the cart before the horse.
  馬の前に荷車を繋ぐな

     (事の順序を誤るな:馬は荷車を引けるが押す事はできない,本末転倒)《注釈・補足》
     [参考:前後を失う]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕**


Don't wash your dirty linen in public.
  内輪の恥を人目に晒すな

     (人前で汚れた下着を洗うものではない,dirty linen:内輪の恥,成句「wash one's dirty linen in public」:人前で内輪の恥を晒す)《注釈・補足》
     [参考:臭いものに蓋をする]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


East or west, home is best.
  何処に行こうとも我が家に優る所はない

          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕**


Easy come, easy go.
  得やすい物は失いやすい

     (泡銭は身に付かず)《注釈・補足》
     [悪銭身につかず]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕**


Empty vessels make the most sound.
  空の入れ物ほど音が大きい

     (頭・中身の空っぽな者ほどよく喋る)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕**


Enough is as good as a feast.
  満腹は御馳走も同様

          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Every ass likes to hear itself bray.
  馬鹿は御喋り好きなものだ

     (ass は「ロバ」で「ばか」を象徴,自分自身が鳴く(bray)のを聞くのが好き)《注釈・補足》
     [++]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕**


Every cock crows [A cock is bold] on his own dunghill.
  雄鳥は自分の糞の山では時をつくる[大胆だ]

     (内弁慶)《注釈・補足》
     [参考:時をつくる]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕**


Every Jack has his Gill.
  どんな男にも(似合いの)女がいるものだ

     (Jack and Gill/Jill:若い男女)《注釈・補足》
     [割鍋に綴蓋]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Every man has the defects of his own virtues.
  長所が欠点になることもある

     (長所も見方を変えれば短所)《注釈・補足》
     [参考:長所は短所]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Experience is the mother/father of wisdom.
  経験は知恵の母[父]

     (知恵は経験から生ずる)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Extremes meet.
  両極端は一致する

     [参考:かわいさ余って憎さが百倍]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Fact/Truth is stranger than fiction.
  事実は小説よりも奇なり

     (バイロンの語、イギリスの詩人)《注釈・補足》
     [事実は小説よりも奇なり]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Feed a cold and starve a fever.
  風邪には大食、熱には小食(が良い)

     (民間療法で、風邪でも熱があれば食べるのを控える)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕***


First impressions are (the) most lasting.
  第一印象が最も長持ちする

          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕***


First things first.
  重要なものから順番に

     (thing は複数になっています)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Fools are wise [it is easy to be wise] after the event.
  下種の後知恵

     (事後になってようやく名案が出る,結果論は誰でも言える)《注釈・補足》
     [下種の後知恵・下種の知恵は後から]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Fools rush in where angels fear to tread.
  天使も踏み込むのを恐れる所へ愚者は飛び込む

     (英国詩人 Pope の Essay on Criticism の一節)《注釈・補足》
     [盲、蛇に怖(お)じず]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Full of courtesy, full of craft.
  慇懃過ぎる者には巧知あり

     (うわべは丁寧なようで実は策士)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Give him/knaves an inch and he/they will take a mile [a yard, an ell].
  寸を許せば尺を望む

     (少し我儘を許してやると益々付け上がる)《注釈・補足》
     [庇(ひさし)を貸して母屋を取られる]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


God/Providence is always for [on the side of] the big battalions.
  神は常に大軍の側にあり

     (大軍[強い者]には勝てない、フランスの作家 Voltaire の言葉)《注釈・補足》
     [参考:大軍に関所なし]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


God made the country, and man made the town.
  神は田園をつくり 人は町をつくる

     {(神の造った)自然は美しい}《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Good company on the road is the shortest cut.
  旅は道連れ

     (愉快な道連れのあるのが一番の近道)《注釈・補足》
     [参考:旅は道連れ、世は情け]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Good wine needs no bush.
  良酒には看板は要らない

     [紅は園生に植えても隠れなし,桃李言わざれども下自ら蹊をなす]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕***


Good/Great wits jump.
  知者(の考え)は一致する

     [肝胆相照らす]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕***


Great barkers are no biters.
  吠え立てる犬は噛み付かない

     (臆病者)《注釈・補足》
     [参考:犬の遠吠え]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕***


He travels (the) fastest who travels alone.
  一人旅が一番速い

     (妻子や仲間が邪魔になる時の言葉,英国の Rudyard Kipling の詞)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who gives fair words feeds you with an empty spoon.
  上手い言葉は空のスプーン

     (中身が無い)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who makes no mistakes makes nothing.
  過つ事なき者は何もなさぬ者なり

     [参考:失敗は成功のもと・母]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Hide not your light under a bushel.
  灯した明かりを枡の下に置くな

     (マタイ伝5-15,謙遜し過ぎるな,枡の下に灯火を隠し置いても役に立たない,bushel は約36リットルの穀物計量単位で容器でもあった)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕***


Hypocrisy is a homage that vice pays to virtue.
  偽善とは悪が善に捧げる敬意なり

          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕***


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:教訓による分類  (英語ことわざ集)