英語ことわざ小事典

教訓となる学びも幾つかありますし、知識や経験について学ぶべき教訓や教えもあります。A still tongue makes a wise head.(静かな舌は人を賢くする),Through obedience learn to command.(服従することによって支配することを学べ),A little knowledge/learning is a dangerous thing.(少しばかりの知識はかえって危険である)
 


ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 性質[3] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

 キーワードによる分類:
人(神等,含部位) 人[2] 人[3] 動物 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛


   
・教訓による検索: 学び(反省) 因果

There is no royal road to learning.
  学問に王道なし

     (学問に楽な方法や近道はない)《注釈・補足》
     [学問に王道なし]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕


You can't teach an old dog new tricks.
  老犬に新しい芸を教えることはできない

     [老い木は曲がらぬ]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 動物〔キーワード〕


A dwarf on a giant's shoulder sees the farther of the two.
  巨人の肩に上がった小人は巨人より遠くが見える

     (経験不足の者も経験豊かな人の教えを受ければ有利になれる)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A still tongue makes a wise head.
  静かな舌は人を賢くする

     (自分で話すより人の話を聞く方が学ぶ事が多い)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕*


(All) great minds think alike.
  賢人は皆同じように考えるものだ

     {賢人倒し(ごかし):相手を賢人だとはやし立てる}《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Art is long, life is short.
  芸術は長く人生は短し

     (ヒポクラテスの言葉に由来)《注釈・補足》
     [芸術は長く人生は短し,少年老い易く学成り難し]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 物〔キーワード〕*


As the old cock crows, so crows the young [the young one learns].
  親鶏が時を作れば若鶏はこれに習う

     (雄鶏が鳴く[時を作る],見様見真似)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 動物〔キーワード〕*


Experience is the best teacher.
  経験は最良の師

          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Experience is the teacher of fools.
  経験は愚人の教師なり

     (賢者は経験せずとも学ぶ:経験するにも限界があるので、賢者は多くの知識を学問によって得る)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕**


History repeats itself.
  歴史は繰り返す

     (二度あることは三度ある)《注釈・補足》
     [歴史は繰り返す,二度あることは三度ある]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕***


If a man deceives me once, shame on him; if he deceives me twice, shame on me.
  私を一度欺く者には恥あれ、私を二度欺く事あらば私に恥あれ

     (失敗から学ばないで、二度騙もされる自分が悪い)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕****


If the cap/shoe fits(, wear it).
  その言葉に思い当たるなら自分の事と思うがよい[もしその帽子がぴったりなら被りなさい]

     {批判に当てはまるところがあれば(他人の事でも自分の事として)受け入れなさい}《注釈・補足》
     [参考:人のふり見て我がふり直せ]【日本の諺】
          学び(反省)『教訓』/ 物〔キーワード〕****


Through obedience learn to command.
  服従することによって支配することを学べ

          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕++


What is learned in the cradle is carried to the grave/tomb.
  幼児に憶えたものは死ぬまで忘れない

     (揺りかごの中で学んだことは墓場まで)《注釈・補足》
     [雀百まで踊りを忘れず,三つ子の魂百まで]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕++


You cannot put old heads [an old head] on young shoulders.
  若い者の肩に年寄りの頭を載せることはできない,若い者に年配者の分別は求められない

     (年配者には若い者にはない経験から得た知恵がある)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕++


A little knowledge/learning is a dangerous thing.
  少しばかりの知識はかえって危険である

     (未熟なのに軽々な行動は危険)《注釈・補足》
     [生兵法は大怪我の基]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


It is no use/good (in) crying over spilt/spilled milk.
  覆水盆に返らず

     (こぼれてしまったミルクを嘆いても無駄だ,過ぎ去った事は悔やんでみても始まらぬ)《注釈・補足》
     [覆水盆に返らず]【日本の諺】
          学び(反省)『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


Knowledge is power.
  知識は力なり

     (知っていれば心強い)《注釈・補足》
     [参考:知は力なり『Fベーコン』]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


One is [You are] never too old to learn.
  幾つになっても学ぶ事はあるものだ

     (学ぶのに年齢[遅過ぎること]はない,譬え:六十の手習い,八十の手習い)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


Practice makes perfect.
  習うより慣れよ

     (実践すれば完璧になる)《注釈・補足》
     [習うより慣れよ]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕++++


Two heads are better than one.
  三人寄れば文殊の知恵

     (一人の知恵より二人の知恵)《注釈・補足》
     [三人寄れば文殊の知恵]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


――――――――― 因果

A/The burnt child dreads the fire.
  やけどした子は火を恐れる

     (一度痛い目にあうと慎重になる)《注釈・補足》
     [羮に懲りて膾を吹く]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕


A tree is known by its fruit.
  木はその実によって知られる

     (木の良し悪しはその実で分かる)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 植物〔キーワード〕


As you sow, so (shall) you reap.
  種をまいたように収穫があるものだ

     (蒔いた種は刈らねばならない)《注釈・補足》
     [因果応報]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 植物〔キーワード〕


No sweet without sweat. [No pain(s), no gain(s). / No gain(s) without pain(s).]
  汗をかかずに甘い物は得られない

     (苦労なくして得るものはない)《注釈・補足》
     [苦は楽の種・蒔かぬ種は生えぬ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 物・事〔キーワード〕


Well begun is half done.
  はじめが良ければ事は半分成ったのも同じこと

          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕


Where there's smoke, there is fire. [(There is) no smoke without fire.]
  煙のある所には火がある[火の無い所に煙は立たぬ]

     [火の無い所に煙は立たぬ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 物〔キーワード〕


A good appetite is a good sauce.
  空腹にまずいものなし

          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕*


Absence makes heart grow fonder.
  遠ざかるほど思いが募る

     (いないといとおしく思えてくる)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕*


Adversity makes strange bedfellows. [Misery acquaints a man with strange bedfellows.(シェイクスピア)]
  逆境では普通は会えない[口をきかない]ような人と縁ができる

          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕*


As you make your bed, so you must lie in/upon it. [You've made your bed and you must ile on it. / One must lie in/on the bed one has made.]
  自分で整えたベッドなら自分で寝るがよい

     (やった事の責任は取りなさい,因果応報)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 物〔キーワード〕*


Charity covers a multitude of sins.
  愛は多くの罪を被う[慈善は多くの罪を償う]

     (ペトロの第一の手紙)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Coming events cast their shadows before.
  事が起ころうとする時にはその前兆があるもの

     [参考:桐一葉落ちて天下の秋を知る]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Curses(, like chickens,) come home to roost.
  呪いは(ひな鳥のように)ねぐらに戻る

     (呪えば報いは自分にも帰って来る)《注釈・補足》
     [人を呪わば穴二つ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕**


Failure teaches success.
  失敗は成功のもと

     (失敗しても反省し改めていけば成功へ繋がる)《注釈・補足》
     [失敗は成功のもと・母]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Fast bind, fast find.
  締まりが固ければ失う心配がない

     (しっかりとしまえば、すぐに見つかる)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Forewarned is forearmed.
  警戒は軍備なり[備えあれば患(うれ)えなし]

     [備えあれば患(うれ)えなし,参考:転ばぬ先の杖]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Hard words break no bones.
  きつい言葉なら怪我はない

     (厳しい言葉だけでは骨は折れない)《注釈・補足》
     [参考:言葉の下に骨を消す]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Heaven's vengeance is slow but sure.
  天罰は遅いが必ず来る

     (**)《注釈・補足》
     [『老子』天網恢々(かいかい)疎にして漏らさず]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Ignorance is bliss. [Where ignorance is bliss, 'tis folly to be wise.:英国詩人 Thomas Gray の句]
  無知は至福である[知らぬ方が幸せな場合、知って(不幸で)いるのは愚かだ]

     ('tis は it is の短縮形)《注釈・補足》
     [知らぬが仏]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕****


Judge not, that ye be not judged.
  人を裁くな、人に裁かれぬためである

     (ye:you,「《聖》マタイ伝7-1」)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕****


Make yourself all honey and the flies will devour you.
  お世辞ばかり言っていると食いつぶされる

     (へいへいばかりしてると甘く見られる)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 植物、動物〔キーワード〕****


Marry in haste, (and) repent at leisure.
  あわてて結婚してゆっくり悔やめ[あわてて結婚するとゆっくりと後悔するのがおち]

     [参考:縁と浮き世は末を待て,急いては事を仕損ずる]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕****


No mill, no meal.
  蒔かぬ種は生えぬ

     (水車小屋なければ挽き割り粉はできぬ)《注釈・補足》
     [蒔かぬ種は生えぬ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 物〔キーワード〕*****


One good turn deserves another.
  親切を施せば親切を返してもらう資格がある

     (good turn:善行)《注釈・補足》
     [情けは人の為ならず(:良い報いが自分に巡って来る)]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


The biter is sometimes bit/bitten.
  騙そうとして騙されることがある

     (自業自得,身から出た錆)《注釈・補足》
     [ミイラ取りがミイラになる]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The mills of God grind slowly{, but they grind exceeding(ly) small}.
  神の水車はゆっくりと挽くがきわめて細かい

     {天の報いも時には遅れる(が必ず行なわれる)《老子》}《注釈・補足》
     [天網恢々(かいかい)疎にして漏らさず]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕+


Up corn, down horn.
  穀物が騰貴すると牛肉の値が下がる

     (牛肉の供給が増えるからか、需要が減るからか?)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 植物、動物〔キーワード〕++


Wake not a sleeping lion.
  眠っているライオンを起こすな

     (厄介な事になりそうなことにわざわざ手を出すことはない)《注釈・補足》
     [参考:寝た子を起す,藪をつついて蛇を出す,触らぬ神に祟りなし]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 動物〔キーワード〕++


Who repairs not his gutters repairs his whole house.
  雨樋を直さない者は家全部を直すことになる

     (手抜かりが取り返しのつかない事に)《注釈・補足》
     [千丈の堤も蟻穴より崩る・蟻の穴から堤も崩れる『韓非子』]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕++


You must drink as you have brewed.
  自分で蒔いた種は自分で刈らねばならぬ

     (自業自得)《注釈・補足》
     [身から出た錆]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕++


You must sow before you can reap.
  蒔かぬ種は生えぬ

     [蒔かぬ種は生えぬ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 植物〔キーワード〕++


An eye for an eye, and a tooth for a tooth.
  目には目を、歯には歯を

     (ハムラビ法典,旧約聖書出エジプト記)《注釈・補足》
     [目には目を、歯には歯を]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


Necessity is the mother of invention.
  必要は発明の母

     (発明は必要から生まれる)《注釈・補足》
     [必要は発明の母,参考:窮すれば通ず]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


No pain(s), no gain(s). [No gains without pains.]
  苦労なくして得るものはない[労せずは効なし]

     [蒔かぬ種は生えぬ,苦は楽の種]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕++++


(There is) no smoke without fire.
  火の無い所に煙は立たぬ

     (噂が立つには何らかの原因があるはず)《注釈・補足》
     [火の無い所に煙は立たぬ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 物〔キーワード〕++++


They that live by the sword shall perish/die by the sword.
  剣により生きる者は剣により滅びる

     (逆効果)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


Happy is the bride the sun shines on.
  結婚式に日が照るのは幸先がよい

     (縁起の良いスタート)《注釈・補足》
     [参考:縁起をかつぐ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕+++++


Every why has a wherefore.
  物事は全てに理由あり

     [参考:蒔かぬ種は生えぬ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕-


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:教訓による分類  (英語ことわざ集)