英語ことわざ小事典

 
 


ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 性質[3] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

 キーワードによる分類:
人(神等,含部位) 人[2] 人[3] 動物 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛


   
・教訓による検索: 金 責任(仕事)

A fool and his money are soon parted.
  馬鹿とお金はすぐに別れる

     [馬鹿に金を持たせるとすぐ使ってしまう]【日本の諺】
          金『教訓』/ 人〔キーワード〕


Money begets/makes money.
  金は金を生む

     (金をつくるには金が必要)《注釈・補足》
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕


Money doesn't grow on trees.
  金のなる木はない

     [金の生る木はない]【日本の諺】
          金『教訓』/ 植物〔キーワード〕


Money makes the mare (to) go
  金は雌馬をも歩ませる

     (なかなか言うことをきかない雌馬を動かす)《注釈・補足》
     [地獄の沙汰も金次第]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕


Money talks.
  金が物を言う

     [金が物を言う]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕


Money will come and go.
  金は来ては去ってしまう

     [金は天下の回りもの]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕


A golden key opens every door.
  金で開かぬ扉なし

     (金がものをいう世の中)《注釈・補足》
     [地獄の沙汰も金次第]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕*


A penny saved is a penny earned/gained.
  1ペニーの節約は1ペニーの儲け

     [参考:塵も積もれば山となる]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕*


Be just before you are generous.
  気前のよさよりまず公正たれ

     (借金があるのに無駄使いしたり人に奢ろうとする様な人に)《注釈・補足》
          金『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Health is better than wealth.
  健康は富にまさる

          金『教訓』/ 事〔キーワード〕***


Ill gotten/got, ill spent.
  悪銭身につかず

     (不正に得られ利得は不正に消費される)《注釈・補足》
     [悪銭身につかず]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕****


Lend your money and lose your friend.
  金を貸せば友を失う

     [参考:借りる時の地蔵顔、済(な)す時の閻魔顔]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕****


Neither a borrower nor a lender be.
  借手にも貸手にもなるな

     (Shakespeare Hamlet 1:3)《注釈・補足》
          金『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


Out of debt, out of danger.
  借金なければ危険なし

     (借金はトラブルの元にも成りうる)《注釈・補足》
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕*****


Short accounts make long friends.
  長く付き合うには掛けは禁物

     (短い掛け勘定なら友情は長続きする)《注釈・補足》
     [++]【日本の諺】
          金『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


All is not gold that glitters. [All that glitters/glisters/glistens is not gold]
  輝く物全てが金とは限らない,光る物必ずしも金ならず

     (見掛け倒し)《注釈・補足》
     [参考:人は見かけによらぬも]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕+++


First thrive and then wive.
  栄えてから妻を娶れ

     (経済基盤を確立して結婚)《注釈・補足》
          金『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


When poverty comes in at the door, love flies out at/of the window.
  貧乏が戸口から入って来ると愛は窓から飛び出して行く

     (参考:When one door shuts another opens.「一つの扉が閉まれば他の扉が開くものだ」)《注釈・補足》
     [金の切れ目が縁の切れ目]【日本の諺】
          金『教訓』/ 事〔キーワード〕+++++


―――――――――  責任(仕事)

Everybody's business/work is nobody's business/work.
  みんなの仕事はやりてがない

     [共同責任は無責任]【日本の諺】
          責任『教訓』/ 事〔キーワード〕


Give a dog a bad name and hang him
  犬には汚名を着せて吊るしてしまえ

     (一度悪名を取ったら最後だ)《注釈・補足》
     [悪評の力は恐ろしい]【日本の諺】
          責任『教訓』/ 動物〔キーワード〕


A fault confessed is half redressed.
  過失を認めるは償いの半ば

     (過失を認めれば、償いは半分済んでいる)《注釈・補足》
          責任『教訓』/ 事〔キーワード〕*


After us/me the deluge.
  わが後は大洪水となれ

     (ルイ15世)《注釈・補足》
     [野となれ山となれ(:どうなっても構わない)]【日本の諺】
          責任『教訓』/ 物〔キーワード〕*


All ill payer [paymaster] never wants (an) excuse.
  払うつもりがなければ口実はあるものだ

     (自分は口実を設けるが、相手の弁解は聞かない)《注釈・補足》
          責任『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Don't change horses in the midstream.
  川中で馬を乗り換えるな

     (リンカーンの言葉,中途半端で止めるな)《注釈・補足》
     [参考:初志貫徹]【日本の諺】
          責任『教訓』/ 動物〔キーワード〕**


Let the cobbler [The cobbler shoud] stick to his last.
  靴屋は靴型から離れさせるな

     (人は自分の仕事・本分に専念せよ )《注釈・補足》
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕****


One of these days is none of these days.
  いずれそのうちという日はない

     (あてにならない)《注釈・補足》
     [紺屋の明後日(あさって)]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


Paddle your own canoe.
  自分のカヌーは自分で漕げ

     (人を頼るな)《注釈・補足》
          責任(仕事)『教訓』/ 物〔キーワード〕*****


The cobbler's wife goes the worst shod. [Who is worse shod than the shoemaker's wife?]
  靴直しの女房はぼろ靴を履く[靴屋の女房ぐらい酷い靴を履いている者があろうか]

     {他人の為に忙しく家族の事をする暇がない(が、他人には吝嗇・けちだと思われている}《注釈・補足》
     [紺屋(こうや)の白袴(しろばかま)]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The devil finds/makes work for idle hands (to do). [If the devil find a man idle, he'll set him to work.]
  悪魔は暇人に仕事を見つける

     [小人閑居にして不善をなす]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The hand that rocks the cradle rules the world.
  揺りかごを揺する者が世界を作る

     (次代を担う若者を育てるのは母である;米詩人 William Ross Wallace の句)《注釈・補足》
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The tailor makes the man.
  仕立屋は人をつくる

     (仕立屋が一角の人物をつくる)《注釈・補足》
     [馬子にも衣装]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The worst wheel of the cart creaks most.
  一番駄目な車輪が一番軋む

     (駄目なやつは文句が多い)《注釈・補足》
     [参考:鳴く猫は鼠を捕らぬ]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 物〔キーワード〕+


All's well that ends well.
  終わり良ければすべて良し

     (過程はどうであっても構わない)《注釈・補足》
     [終わり良ければすべて良し]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


Everyone to his trade. [Every man for his own trade.]
  餅は餅屋

     (誰でも自分に合った職業がある)《注釈・補足》
     [餅は餅屋]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


Jack of all trades, and master of none.
  多芸は無芸

     (何でもやれる人に秀でた芸はない,jack-of-all-trades:万屋・何でも屋)《注釈・補足》
     [多芸は無芸]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


Live and let live.
  自分は自分人は人

     (人にはそれぞれの行き方がある)《注釈・補足》
     [人は人我は我]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


Spare the rod and spoil the child.
  御仕置を無しで済ませると子供は甘やかしてだめになる

     (甘やかすと子供はだめになる)《注釈・補足》
     [かわいい子には旅をさせよ]【日本の諺】
          責任『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


Too many cooks spoil the broth.
  船頭多くして船山に上る

     (料理人が多すぎると出し汁を台無しにする)《注釈・補足》
     [船頭多くして船山に上る]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


Two of a trade never/seldom agree.
  商売敵は気が合わぬもの

     (同じ事をしていても競争にならない)《注釈・補足》
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


In a calm sea every man is a pilot.
  穏やかな海なら誰でも水先案内が務まる

     (嵐でも乗り切れる者が水先案内を務めればよい)《注釈・補足》
     [参考:疾風に勁草(けいそう)を知る ]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕-


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:教訓による分類  (英語ことわざ集)