英語ことわざ小事典

 
 


ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

 キーワードによる分類:
人(神等,含部位) 人[2] 人[3] 動物 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛


   
・あいうえお索引で検索: か行

  Let the buyer beware.
買手は用心せよ

     (買ってからでは手遅れ)《注釈・補足》
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕****


  The gray mare is the better horse.
かかあ天下である

          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕+


  One pair of heels is often worth two pairs of hands.
踵二つで手の四つ分

     (二人相手に勝てないなら取り敢えず足で逃げろ)《注釈・補足》
     [逃げるが勝ち]【日本の諺】
          心(勇気)『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


  All is not gold that glitters. [All that glitters/glisters/glistens is not gold]
輝く物全てが金とは限らない,光る物必ずしも金ならず

     (見掛け倒し)《注釈・補足》
     [参考:人は見かけによらぬも]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕+++


  A hedge between keeps friendship green.
垣根があれば友情も長持ちする

     (垣根が友情を新鮮に保つ)《注釈・補足》
     [参考:よい仲には垣・よい仲の垣]【日本の諺】
          中道・中庸『教訓』/ 物〔キーワード〕*


  If each would sweep before the door, we should have a clean city.
各人が戸口を掃けば町は清潔になるだろう

     [参考:小時は大事]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 事〔キーワード〕****


  There is no royal road to learning.
学問に王道なし

     (学問に楽な方法や近道はない)《注釈・補足》
     [学問に王道なし]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕


  No man is indispensable.
かけがえのない人というものはないものだ

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


  It is as well to know which way the wind blows.
風向きを知っておくがよい

     (風向きは「物事の成行き」や「人の機嫌」等にも当てはまります)《注釈・補足》
          生死・流転『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕****


  Let bygones be bygones.
過去の事は水に流せ

     (許しなさい)《注釈・補足》
     [水に流す,既往は咎めず《論語》]【日本の諺】
          忍耐『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


  A fault confessed is half redressed.
過失を認めるは償いの半ば

     (過失を認めれば、償いは半分済んでいる)《注釈・補足》
          責任『教訓』/ 事〔キーワード〕*


  Great oaks from little acorns grow.
樫の大樹も小さき団栗より育つ

     (辛抱が肝心)《注釈・補足》
          忍耐『教訓』/ 植物〔キーワード〕***


  Every oak must be an acorn.
カシの大樹ももとは皆どんぐり

     (辛抱が肝腎:Great oaks from little acorns grow.)《注釈・補足》
          忍耐『教訓』/ 植物〔キーワード〕**


  Poverty is a stranger to industry.
稼ぐに追いつく貧乏無し

     (貧乏は勤勉を知らない)《注釈・補足》
     [稼ぐに追いつく貧乏無し]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


  Feed a cold and starve a fever.
風邪には大食、熱には小食(が良い)

     (民間療法で、風邪でも熱があれば食べるのを控える)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕***


  Every miller draws water to his own mill.
我田引水

     {粉屋は皆自分の水車(小屋)に水を引く}《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕**


  There's always (a) next time.
必ずまたの機会があるものだ

          忍耐『教訓』/ 事〔キーワード〕+


  You cannot make a crab walk straight.
蟹を縦に歩かせることは出来ない

          原理・法則『教訓』/ 動物〔キーワード〕++


  Money talks.
金が物を言う

     [金が物を言う]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕


  A golden key opens every door.
金で開かぬ扉なし

     (金がものをいう世の中)《注釈・補足》
     [地獄の沙汰も金次第]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕*


  Money doesn't grow on trees.
金のなる木はない

     [金の生る木はない]【日本の諺】
          金『教訓』/ 植物〔キーワード〕


  Money begets/makes money.
金は金を生む

     (金をつくるには金が必要)《注釈・補足》
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕


  Money will come and go.
金は来ては去ってしまう

     [金は天下の回りもの]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕


  Money makes the mare (to) go
金は雌馬をも歩ませる

     (なかなか言うことをきかない雌馬を動かす)《注釈・補足》
     [地獄の沙汰も金次第]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕


  A rich man's joke is always funny.
金持ちの冗談はいつもおかしがられる

     {機嫌(気褄)を取る,追従笑い}《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕*


  Lend your money and lose your friend.
金を貸せば友を失う

     [参考:借りる時の地蔵顔、済(な)す時の閻魔顔]【日本の諺】
          金『教訓』/ 物〔キーワード〕****


  Walls have ears.
壁に耳あり

     (何処で誰が聞き耳を立てている分からない)《注釈・補足》
     [壁に耳,壁に耳あり、障子に目あり]【日本の諺】
          言動(注意・用心)『教訓』/ 人〔キーワード〕++


  (Those) whom the gods love die young.
神々に愛される人々は若死にする

     (神々が天上の幸福な生を与えることを欲するので,才子多病佳人薄命,美人薄命)《注釈・補足》
          生死・流転『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


  Lightning never strikes (in) the same place twice.
雷は同じ場所に・で二度落ちない

     (ひどい災難は同じ人に二度降りかかることはない,楽観的見方)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕****


  The mills of God grind slowly{, but they grind exceeding(ly) small}.
神の水車はゆっくりと挽くがきわめて細かい

     {天の報いも時には遅れる(が必ず行なわれる)《老子》}《注釈・補足》
     [天網恢々(かいかい)疎にして漏らさず]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕+


  God/Providence is always for [on the side of] the big battalions.
神は常に大軍の側にあり

     (大軍[強い者]には勝てない、フランスの作家 Voltaire の言葉)《注釈・補足》
     [参考:大軍に関所なし]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


  God made the country, and man made the town.
神は田園をつくり 人は町をつくる

     {(神の造った)自然は美しい}《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


  Whom God will destroy he first makes mad.
神は滅ぼそうとする時は気を狂わせることから始める

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕++


  People [those] who live in glass houses shouldn't throw stones.
ガラスの家に住む者は石を投げてはならない

     (すねに傷を持つ者は人に文句は言ってはいけない)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕


  Empty vessels make the most sound.
空の入れ物ほど音が大きい

     (頭・中身の空っぽな者ほどよく喋る)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕**


  There is no wheat without chaff.
殻のない小麦はない

     (真価は目立たない外観の下に隠れている)《注釈・補足》
          原理・法則『教訓』/ 植物〔キーワード〕+


  Neither a borrower nor a lender be.
借手にも貸手にもなるな

     (Shakespeare Hamlet 1:3)《注釈・補足》
          金『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


  All his geese are swans.
彼は手前味噌ばかり並べる[彼の鵞鳥は皆白鳥だ]

     (自分の事を誇る)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 動物〔キーワード〕*


  Don't change horses in the midstream.
川中で馬を乗り換えるな

     (リンカーンの言葉,中途半端で止めるな)《注釈・補足》
     [参考:初志貫徹]【日本の諺】
          責任『教訓』/ 動物〔キーワード〕**


  Advice when most needed is least heeded.
肝心な時の忠言耳に逆らう

     [忠言耳に逆らう]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕*


  Uneasy lies the head that wears a crown.
冠を戴く頭は安んぜず

     (偉大なる者には安まる時はない,シェイクスピア)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕++


  Danger past,God forgotten.
危険が過ぎれば神は忘れられる

     [喉元過ぎれば熱さを忘れる,苦しい時の神頼み]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕**


  None is so deaf as those who won't hear.
聞こうとしない者ほど耳の聞こえない者はない

     [参考:馬耳東風]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


  Cut your coat according to your cloth.
生地に従って裁断せよ

     (成句「cut one's coat according to one's cloth」:身分に応じた生活をする[できる範囲で我慢する])《注釈・補足》
          中道・中庸『教訓』/ 人〔キーワード〕**


  Hypocrisy is a homage that vice pays to virtue.
偽善とは悪が善に捧げる敬意なり

          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕***


  Expectation is better than realization.
期待は実現にまさる

     [見ぬが花]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  Hard words break no bones.
きつい言葉なら怪我はない

     (厳しい言葉だけでは骨は折れない)《注釈・補足》
     [参考:言葉の下に骨を消す]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕***


  The fox is known by its/his brush.
狐は尾で分かる

     (人それぞれに特徴がある)《注釈・補足》
     [十人十色]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕


  A tree is known by its fruit.
木はその実によって知られる

     (木の良し悪しはその実で分かる)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 植物〔キーワード〕


  Be just before you are generous.
気前のよさよりまず公正たれ

     (借金があるのに無駄使いしたり人に奢ろうとする様な人に)《注釈・補足》
          金『教訓』/ 人〔キーワード〕*


  Adversity makes strange bedfellows. [Misery acquaints a man with strange bedfellows.(シェイクスピア)]
逆境では普通は会えない[口をきかない]ような人と縁ができる

          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕*


  Sweet are the uses of adversity.
逆境の御利益というものはすばらしいものだ

     (Shakespeare の As You Like It)《注釈・補足》
     [参考:失敗は成功のもと,艱難汝を玉にす]【日本の諺】
          忍耐『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


  Care killed the [a] cat.
九生ある猫でさえ心配のため死ぬ

     {猫は(執念深く・しぶとくて)なかなか死なない}《注釈・補足》
     [心配は身の毒]【日本の諺】
          心『教訓』/ 動物〔キーワード〕**


  A wonder lasts but nine days.
驚異も九日(しか続かない)

     (長くは続かない)《注釈・補足》
     [人の噂も七十五日]【日本の諺】
          生死・流転『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


  The nearer the church, the farther from God.
教会に近いほど神からは遠ざかる

     (教会経営と信仰生活は平行しがたい)《注釈・補足》
     [参考:信心過ぎて極楽を通り越す]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+


  The race is not to the swift nor the battle to the strong.
競争は足の速い者のものでもなく、戦争は強者のものでもない

     (《聖書》Eccles 9:11)《注釈・補足》
     [勝負は時の運,勝敗は時の運]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕+


  Never put off till tomorrow what you can do today.
今日できることを明日まで延ばすな

     (今日出来ることは今日の内に)《注釈・補足》
     [参考:思い立つ日が吉日・思い立ったが吉日,今日の後(のち)に今日なし]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕++++


  Better an egg today than a hen tomorrow.
今日の卵は明日の鶏に優る

     (今が大事,現実重視)《注釈・補足》
     [末四十より今の三十,参考:明日は淵瀬]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 動物〔キーワード〕*


  A dwarf on a giant's shoulder sees the farther of the two.
巨人の肩に上がった小人は巨人より遠くが見える

     (経験不足の者も経験豊かな人の教えを受ければ有利になれる)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕*


  Many kiss the hand they wish to cut off.
切り取ってしまいたい相手の手にもキスする者は多い

     (面従腹背)《注釈・補足》
     [参考:人は見かけによらぬもの,外面似菩薩内心如夜叉]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕****


  Cleanliness is next to godliness.
綺麗好きは敬神に近い

          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  Forbidden fruit is sweetest.
禁じられた果実が最も甘い

     (「《聖》創世記」禁断の木の実)《注釈・補足》
     [参考:怖いもの見たさ]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 植物〔キーワード〕***


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:あいうえお順による分類  (英語ことわざ集)