英語ことわざ小事典

 
 


ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

 キーワードによる分類:
人(神等,含部位) 人[2] 人[3] 動物 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛


   
・あいうえお索引で検索: か行(く〜)

  A good appetite is a good sauce.
空腹にまずいものなし

          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕*


  Hunger is the best sauce.
空腹は最上のソース

     [ひもじい時のまずい物なし]【日本の諺】
          欲『教訓』/ 事〔キーワード〕


  The rotten apple injures its neighber.
腐った林檎は隣を腐らす

     (良くない人物・因子は周りに悪影響を与える)《注釈・補足》
     [参考:朱に交われば赤くなる]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 植物〔キーワード〕+


  least said, soonest mended.
口数は少ないほど改めやすい

     [参考:口は禍の門]【日本の諺】
          言動(注意・用心)『教訓』/ 事〔キーワード〕****


  The cobbler's wife goes the worst shod. [Who is worse shod than the shoemaker's wife?]
靴直しの女房はぼろ靴を履く[靴屋の女房ぐらい酷い靴を履いている者があろうか]

     {他人の為に忙しく家族の事をする暇がない(が、他人には吝嗇・けちだと思われている}《注釈・補足》
     [紺屋(こうや)の白袴(しろばかま)]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+


  Only the wearer knows where the shoe pinches.
靴の痛いところは履いている者にしかわからない

     (経験して初めて解る)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


  Let the cobbler [The cobbler shoud] stick to his last.
靴屋は靴型から離れさせるな

     (人は自分の仕事・本分に専念せよ )《注釈・補足》
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕****


  Catch your bear before you sell its skin. [Don't count your chickens before they are hatched.]
熊を捕らなきゃ毛皮は売れない

     [捕らぬ狸の皮算用]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 動物〔キーワード〕**


  If there were no clouds, we should not enjoy the sun.
雲がなかったら太陽の喜びもない

     (苦しみがあっての喜び)《注釈・補足》
     [参考:苦は楽の種]【日本の諺】
          欲・損得(比較)『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕****


  All cats are grey in the dark.
暗闇では猫は全て灰色

     (美貌等は一皮剥けば同じ事)《注釈・補足》
     [暗闇・暗がりから牛を引き出す]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕*


  There are more ways of killing a cat than by choking it with cream. [There's more ways than one to kill/skin a cat.]
クリームで窒息させるだけが猫の殺し方とは限らない

     (方法は様々だ)《注釈・補足》
          原理・法則『教訓』/ 動物〔キーワード〕+


  Christmas comes but once a year.
クリスマスは年に一度しか来ない

     (だから大いに楽しめ,善行を施せ…)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  The devil was sick, the devil a monk would be; The devil was well, the devil a monk was he.
苦しい時には敬虔な決意をするが苦しみが去れば忘れてしまう

     (ウェールズのエピグラム作家 John Owen の句)《注釈・補足》
     [苦しい時の神頼み]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+


  There is no pleasure without pain.
苦しみなくては愉しみもない

     (世の中は楽な事ばかりではない)《注釈・補足》
     [楽あれば苦あり]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 事〔キーワード〕+


  Two blacks do not make a white.
黒二つ足しても白にはならない

     (人もやってるからと言って自分の悪事が正当化される訳ではない )《注釈・補足》
          原理・法則『教訓』/ 物〔キーワード〕++


  No pain(s), no gain(s). [No gains without pains.]
苦労なくして得るものはない[労せずは効なし]

     [蒔かぬ種は生えぬ,苦は楽の種]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕++++


  Forewarned is forearmed.
警戒は軍備なり[備えあれば患(うれ)えなし]

     [備えあれば患(うれ)えなし,参考:転ばぬ先の杖]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕***


  Experience is the teacher of fools.
経験は愚人の教師なり

     (賢者は経験せずとも学ぶ:経験するにも限界があるので、賢者は多くの知識を学問によって得る)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕**


  Experience is the best teacher.
経験は最良の師

          学び『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  Experience is the mother/father of wisdom.
経験は知恵の母[父]

     (知恵は経験から生ずる)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  Better be the head of a dog [an ass] than the tail of a lion/horse.
鶏口となるとも牛後となるなかれ

     (小集団の長のが大集団の末より良い)《注釈・補足》
     [鶏口となるとも牛後となるなかれ]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕*


  Art is long, life is short.
芸術は長く人生は短し

     (ヒポクラテスの言葉に由来)《注釈・補足》
     [芸術は長く人生は短し,少年老い易く学成り難し]【日本の諺】
          学び『教訓』/ 物〔キーワード〕*


  Fools are wise [it is easy to be wise] after the event.
下種の後知恵

     (事後になってようやく名案が出る,結果論は誰でも言える)《注釈・補足》
     [下種の後知恵・下種の知恵は後から]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


  Where there's a will, there's a way.
決意あるところ道あり

     [精神一到何事か成らざらん]【日本の諺】
          心『教訓』/ 事〔キーワード〕


  Happy is the bride the sun shines on.
結婚式に日が照るのは幸先がよい

     (縁起の良いスタート)《注釈・補足》
     [参考:縁起をかつぐ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕+++++


  Marriage is a lottery.
結婚はくじ引きだ

     (後にならなければ相手の当たりはずれは分からない)《注釈・補足》
     [参考:縁は異なもの(味なもの)]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 事〔キーワード〕****


  Marriages are made in heaven.
結婚は天国で決められる

     (男女の縁は不思議なもの)《注釈・補足》
     [縁は異なもの(味なもの)]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕--


  You must lose a fly to catch a trout.
毛針を捨てずに鱒は釣れない

     (何かをするには小さな犠牲は避けられない)《注釈・補足》
     [海老で鯛を釣る]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 動物〔キーワード〕++


  Where there's smoke, there is fire. [(There is) no smoke without fire.]
煙のある所には火がある[火の無い所に煙は立たぬ]

     [火の無い所に煙は立たぬ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 物〔キーワード〕


  Health is better than wealth.
健康は富にまさる

          金『教訓』/ 事〔キーワード〕***


  A word (is enough/sufficient) to the wise.
賢者には一言にして足る

     [一を聞いて十を知る]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


  A wise man is never less alone than when alone.
賢者は一人でいても孤独にはならない

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


  (All) great minds think alike.
賢人は皆同じように考えるものだ

     {賢人倒し(ごかし):相手を賢人だとはやし立てる}《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕*


  A sound mind in a sound body.
健全なる精神は健全なる身体に宿る

     (ローマ詩人 ユウェナリス)《注釈・補足》
     [健全なる精神は健全なる身体に宿る]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


  They that live by the sword shall perish/die by the sword.
剣により生きる者は剣により滅びる

     (逆効果)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


  Love laughs at locksmiths.
恋には錠前も勝てない

     (恋は錠前屋を嘲笑う,施錠しても恋をしていることを隠すことはできない)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


  Love will find a way.
恋には道が見つかるもの

     (恋する力に不可能はなく困難も排除する)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕+++++


  Love is blind.
恋は盲目

     (恋愛で理性を失い分別を無くす,恋路の闇)《注釈・補足》
     [恋は盲目,恋は闇,恋は思案の外(ほか),恋は曲者(くせもの),参考:痘痕もえくぼ]【日本の諺】
          心(執着)『教訓』/ 事〔キーワード〕+++


  Time flies (like an arrow).
光陰矢のごとし

     (時は飛ぶように過ぎる)《注釈・補足》
     [光陰矢のごとし]【日本の諺】
          生死・流転『教訓』/ 事〔キーワード〕++++


  Fortune knocks at least once at every man's gate.
幸運は一度は誰の門をも叩く

     (楽観的に生きよう,チャンスは掴め)《注釈・補足》
     [参考:待てば海路の日和あり]【日本の諺】
          平等『教訓』/ 事〔キーワード〕***


  (A fair) exchange is no robbery.
交換は強奪ではない

          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕


  One man sows and another man reaps.
甲が種を蒔き乙が刈り取る

     (分担ではなく、横取り)《注釈・補足》
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


  Curiosity killed the cat.
好奇心も程々に

     (好奇心は九生ある猫をも殺す[しぶとくてなかなか死なない猫でも好奇心旺盛で身を危険に晒す],他人の事をあまり詮索すると酷い目にあう)《注釈・補足》
          性質(中道・中庸)『教訓』/ 事(動物)〔キーワード〕**(+++++)


  Opportunity seldom knocks twice.
好機は二度は訪れない

     (好機逃すべからず)《注釈・補足》
     [参考:好機逸(いつ)すべからず]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


  Offence is the best defense.
攻撃は最善の防御なり

          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


  Desert and reward seldom keep company.
功賞相伴うはまれなり

     (功労に対する褒美は稀な事)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕**


  Do in/at Rome as the Romans do. [When in Rome, do as the Romans (do). / When you are at Rome, do as Rome does.]
郷に入っては郷に従え

     (ローマではローマ人のするようにせよ,ローマに居る時はローマ人の様に振る舞え)《注釈・補足》
     [郷に入っては郷に従え]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


  Cast ne'er a clout till May be out.
五月が過ぎるまではぼろでも脱ぐな

     (ne'er : never,英国の寒さは厳しいので5月までは薄着にならないように)《注釈・補足》
          言動(注意・用心)『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  Up corn, down horn.
穀物が騰貴すると牛肉の値が下がる

     (牛肉の供給が増えるからか、需要が減るからか?)《注釈・補足》
          因果『教訓』/ 植物、動物〔キーワード〕++


  Nothing ventured, nothing gained. [Nothing venture, nothing have/gain/win.]
虎穴に入らずんば虎子を得ず

     (危険を冒さなければ何も得られない)《注釈・補足》
     [虎穴に入らずんば虎子を得ず]【日本の諺】
          心(勇気)『教訓』/ 事・物〔キーワード〕++++


  The spirit is willing , but the flesh is weak.
心は熱すれども肉体弱きなり

     (《聖書》マタイ伝 26:41)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+


  Set a beggar on horseback and he'll ride to the devil.
乞食を馬に乗せたら悪魔の所まで行く

     (貧乏人が金を持つと傲慢になる)《注釈・補足》
     [《後漢書:得隴望蜀》隴(ろう)を得て蜀(しょく)を望む]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


  The fewer the better cheer.
御馳走は小人数ほどいい

          欲・損得(比較)『教訓』/ 物〔キーワード〕+


  Coming events cast their shadows before.
事が起ころうとする時にはその前兆があるもの

     [参考:桐一葉落ちて天下の秋を知る]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  It's dogged (as/that) does it.
事の成否はがんばり一つ

     (根気強さが事を成す)《注釈・補足》
          努力『教訓』/ 事〔キーワード〕****


  A man of words and not of deeds is like a garden full of weeds.
言葉だけで行為の伴わぬ者は草だらけの庭みたいなものだ

          言動『教訓』/ 植物〔キーワード〕*


  Words cut more than swords.
言葉は剣よりよく人を切る

     (類似表現:ペンは剣よりも強し)《注釈・補足》
     [寸鉄人を刺す]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕


  Deeds, not words.
言葉より行為

     (不言実行)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  When children stand quiet they have done some ill.
子供が黙っている時は何か悪い事をしたのだ

     (沈黙にも理由がある)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕++


  Children and fools speak the truth. [Children and fools cannot lie.]
子供と馬鹿は本当のことを言う

     (子供と馬鹿は嘘が言えない)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


  Children should be seen and not heard.
子供は顔は見せても声を出してはいけない

     (子供は大人に見てもらうだけで、黙っているべき)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕


  You could/may go (a lot) farther/further and fare (a lot) worse.
この上やり過ぎ[欲張り過ぎ]ても返って酷い事になるかも知れない

     (好い加減の所で手を打った方が良い)《注釈・補足》
     [参考:過ぎたるは猶及ばざるが如し]【日本の諺】
          中道・中庸『教訓』/ 事〔キーワード〕++


  Like father, like son.
この父にしてこの子あり

     (誉め言葉,似たもの父子,Like mother, like daughter. )《注釈・補足》
     [参考:似た者夫婦]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


  Like mother, like daughter.
この母にしてこの娘あり

     (似た者母娘,Like father, like son.)《注釈・補足》
     [参考:似た者夫婦]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕****


  Everyone [Every man] to his taste.
好みは人それぞれ

     (十人十色)《注釈・補足》
     [蓼食う虫も好き好き]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕-


  Life is sweet.
この世は楽し

          心『教訓』/ 事〔キーワード〕****


  The child is (the) father of/to the man.
子は人の父

     [三つ子の魂百まで]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


  (One might) as well be hanged for a sheep as a lamb.
子羊を盗んで吊るされるより親羊を盗んで吊るされるがまし

     (開き直る、居直る)《注釈・補足》
     [毒を食(くら)わば皿まで,濡れぬ先こそ露をも厭え]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 動物〔キーワード〕++++


  The sun is never the worse for shining on a dunghill.
肥やしの山を照らしても太陽は太陽

     (善人は環境に染まらない)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕+


  Wedlock is a padlock.
婚姻は監禁

     (結婚すると南京錠の掛かった牢に入れられた様に逃れられなくなる)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕--


  No cross, no crown.
困難なくして栄冠なし

          努力『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:あいうえお順による分類  (英語ことわざ集)