英語ことわざ小事典

 
 


ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

 キーワードによる分類:
人(神等,含部位) 人[2] 人[3] 動物 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛


   
・あいうえお索引で検索: ま行

  No mill, no meal.
蒔かぬ種は生えぬ

     (水車小屋なければ挽き割り粉はできぬ)《注釈・補足》
     [蒔かぬ種は生えぬ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 物〔キーワード〕*****


  You must sow before you can reap.
蒔かぬ種は生えぬ

     [蒔かぬ種は生えぬ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 植物〔キーワード〕++


  It is a long lane/road that has/knows no turning.
曲がることのない道は長いものだ

     {何時までも同じ(よくない)状態が続くことはない}《注釈・補足》
     [待てば海路の日和あり]【日本の諺】
          忍耐『教訓』/ 物〔キーワード〕+++


  Fine feathers make fine birds.
馬子(まご)にも衣装

     (美しい羽は美しい鳥をつくる,外面を飾れば立派に見える)《注釈・補足》
     [馬子にも衣装]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕+++


  A friend in need is a friend indeed.
まさかの時の友は真の友

     (困った時の友こそ真の友)《注釈・補足》
     [参考:まさかの時,刎頸(ふんけい)の交わり《史記》,莫逆(ばくげき)の友《梁書》]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


  First catch your hare (then cook him).
まず野兎を捕えよ(料理はそれから)

     (まず事実を確かめよ)《注釈・補足》
     [参考:取らぬ狸の皮算用]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 動物〔キーワード〕***


  Hope for the best and prepare for the worst.
また良い事もあろうと楽観して最悪に備えよ

     (最良を望み、最悪に備えよ)《注釈・補足》
     [参考:備えあれば患えなし]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕***


  A watched pot/kettle never boils.
待つ身は長い

     {見守る鍋は(なかなか)煮え立たない,焦るな}《注釈・補足》
          忍耐『教訓』/ 事〔キーワード〕*


  Everything comes to him who waits. [All (good) things come to those who wait.]
待てば海路[甘露]の日和あり

     [待てば海路[甘露]の日和あり]【日本の諺】
          忍耐『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  Better to ask the way than go astray.
迷うより道を聞け

     [聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥じ]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕*


  A contented mind is a perpetual feast.
満足は永久の祝宴

          欲『教訓』/ 事〔キーワード〕*


  Enough is as good as a feast.
満腹は御馳走も同様

          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  Never judge by appearances.
見掛けで判断するな

     (人は見かけによらぬもの,Don't judge a book by its cover.)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 事〔キーワード〕*****


  Hear no evil, see no eveil, speak no evil.
(悪い事は)見ざる,聞かざる,言わざる

     (三猿)《注釈・補足》
          言動(注意・用心)『教訓』/ 事〔キーワード〕***


  Water is a boon in the desert, but the drowing man curses it.
水は砂漠では賜だが溺れる者はそれを罵る

     (欲しい物は無く欲しくない物は余ってるものだ)《注釈・補足》
          生死・流転『教訓』/ 物〔キーワード〕++


  Don't make yourself a mouse, or the cat will eat you.
自ら鼠になれば猫に食われる

     (毅然としないと人にしてやられる,Make yourself all honey and the flies will devour you.)《注釈・補足》
          言動(因果)『教訓』/ 動物〔キーワード〕**


  Finders keepers(, losers weepers).
見つけた者が持主(、なくした者は泣きをみる)

     {拾った者が持ち主(、落とした者は泣きをみる),見つけた者勝ち)《注釈・補足》
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕***


  Finding's keeping.
見つけたものは・拾ったものは自分のもの

          欲・損得『教訓』/ 物〔キーワード〕***


  There's none so blind as those that will not see.
見ようとしない者が一番めくら

     (参考:馬耳東風)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕+


  He that would eat kernel must crack the nut.
実を食せんとする者はクルミを割らねばならぬ

     [参考:棚から牡丹餅]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 人〔キーワード〕***


  Everybody's business/work is nobody's business/work.
みんなの仕事はやりてがない

     [共同責任は無責任]【日本の諺】
          責任『教訓』/ 事〔キーワード〕


  He that would the daughter win, must with the mother first begin.
娘を得んとする者はまず母親より始めよ

     [将を射んと欲すれば先ず馬を射よ]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕***


  Waste not, want not.
無駄をしなければ不足も起こらぬ

     [参考:備えあれば患(うれ)えなし]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 事〔キーワード〕++


  Ignorance is bliss. [Where ignorance is bliss, 'tis folly to be wise.:英国詩人 Thomas Gray の句]
無知は至福である[知らぬ方が幸せな場合、知って(不幸で)いるのは愚かだ]

     ('tis は it is の短縮形)《注釈・補足》
     [知らぬが仏]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕****


  If you cannot bite, never show your teeth.
無理な威嚇はやめておけ

     (噛み付けないなら歯を見せるな)《注釈・補足》
          心(勇気)『教訓』/ 事〔キーワード〕****


  (Even) Homer sometimes nods.
名人も居眠りする[過つ]ことはある,ホーマー[ホメーロス]でさえ居眠りすることはある

     (Homer:ホメロス「ギリシアの詩人」)《注釈・補足》
     [弘法にも筆の誤り,猿も木から落ちる,河童の川流れ]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕***


  Jack is as good as his master.
召使は主人に劣らず

     (人は皆同じ,Jack:召使)《注釈・補足》
          平等(偏見)『教訓』/ 人〔キーワード〕****


  Every medal has two sides.
メダルには全て表裏がある

     (二つの側面が存在,二面性,長所と短所)《注釈・補足》
     [外面似菩薩(じぼさつ)・如菩薩内心如夜叉(にょやしゃ)]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕-


  An eye for an eye, and a tooth for a tooth.
目には目を、歯には歯を

     (ハムラビ法典,旧約聖書出エジプト記)《注釈・補足》
     [目には目を、歯には歯を]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


  Out of sight, out of mind.
目に触れぬものは忘れられる

     (死んだ人や遠くへ行った人,物も有り得るかな)《注釈・補足》
     [去る者は日々に疎し]【日本の諺】
          心(執着)『教訓』/ 人〔キーワード〕++++


  The eye is bigger than the belly.
目は胃袋より大きい

     (満腹してもまだ食べたがるもの)《注釈・補足》
          欲・損得(比較)『教訓』/ 人〔キーワード〕+


  It is a sad house where the hen crows louder than the cock.
雌鳥が雄鶏より大声で鳴く家は不幸な家だ

     (亭主より女房が強いのは不幸だ)《注釈・補足》
     [雌鳥歌えば家亡ぶ]【日本の諺】
          平等(偏見)『教訓』/ 動物〔キーワード〕****


  The end justifies the means.
目的は手段を正当化する

     [嘘も方便]【日本の諺】
          欲『教訓』/ 事〔キーワード〕


  Everyone to his trade. [Every man for his own trade.]
餅は餅屋

     (誰でも自分に合った職業がある)《注釈・補足》
     [餅は餅屋]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+++


  The darkest hour comes [is that/just] before the dawn.
最も暗きは夜明け前

     (間もなく事態は好転しよう)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 自然・天気〔キーワード〕+


  There is a time to speak and a time to be silent.
物言う時あり、黙る時あり

          言動(注意・用心)『教訓』/ 事〔キーワード〕+


  Everything has [must have] a beginning.
物事には皆始めがある

     (物事は一足飛びには行かない)《注釈・補足》
     [始めから長老にはなれず]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 事〔キーワード〕**


  Every why has a wherefore.
物事は全てに理由あり

     [参考:蒔かぬ種は生えぬ]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 事〔キーワード〕-


  A place for everything, and everything in its place.
物にはその物の置き場所がある

     (整理整頓,調和)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 物〔キーワード〕-


  Beggars can/must not be choosers/choosy.
物を貰うにえり好みは言えない

     [++]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕*


  Imitation is the sincerest form of flattery.
模倣は最も誠意ある追従(ついしょう)なり

     (言うは易く行うは難し)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 事〔キーワード〕****


  You cannnot catch old birds with chaff.
籾殻で年を取った鳥は捕らえられない

     (老練の者はだませない)《注釈・補足》
     [参考:亀の甲より年の劫]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 動物〔キーワード〕++


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:あいうえお順による分類  (英語ことわざ集)