英語ことわざ小事典

・キーワード 人:child/children,baby,father, man/men,woman/women,people,two, he,they,(命令形),none,she,I, company,friend,guest,darling,lover,enemy, beggar,chooser,payer[paymaster],slave, workman[carpenter],miller,teacher, fool,wise,bully,coward,just,knave, Homer,Jack,Gill, God,devil,dwarf,giant, tongue,head,mind, 〔位置,人,代名詞,対象,立場,職種,性質,人名,神等,部位   …国(地名):4ページ目〕
 
 

ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

 キーワードによる分類:
人(神等,含部位)・国(地名) 人・国[2] 人・国[3] 人・国[4] 動物 動物[2] 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛,愛 結婚


・キーワードによる検索: 人(神等,含部位)・国(地名)[1]

A/The burnt child dreads the fire.
  やけどした子は火を恐れる

     (一度痛い目にあうと慎重になる)《注釈・補足》
     [羮に懲りて膾を吹く]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕


A fool and his money are soon parted.
  馬鹿とお金はすぐに別れる

     [馬鹿に金を持たせるとすぐ使ってしまう]【日本の諺】
          金『教訓』/ 人〔キーワード〕


A man can only die once. [A man can die but once.]
  人は一度しか死なない

     (嫌な事もこれでおしまい)《注釈・補足》
          生死『教訓』/ 人〔キーワード〕


A man is known by the company he keeps [his friends]. [Men are known by the company they keep.]
  人は付き合う友達によって分かる

     [人は善悪の友による]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


A word (is enough/sufficient) to the wise.
  賢者には一言にして足る

     [一を聞いて十を知る]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


All men are created equal.
  人はみな平等に造られている

     [天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず]【日本の諺】
          平等『教訓』/ 人〔キーワード〕


As a man lives, so he dies.
  生あるごとく死あり

     [生ある者は必ず死あり]【日本の諺】
          生死『教訓』/ 人〔キーワード〕


Children and fools speak the truth. [Children and fools cannot lie.]
  子供と馬鹿は本当のことを言う

     (子供と馬鹿は嘘が言えない)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


Children should be seen and not heard.
  子供は顔は見せても声を出してはいけない

     (子供は大人に見てもらうだけで、黙っているべき)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕


He who laughs last laughs loudest/longest. [He laughs best who laughs last.]
  最後に笑う者が最もよく笑う

     (うっかり人を笑うな,あまり気早に喜んではいけない)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕


He who would climb the ladder must begin at the bottom.
  梯子を登ろうとする者は一段目から始めよ

     [千里の道も一歩から]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 人〔キーワード〕


Live and learn.
  生きて学べ

     [六十の手習い・八十の手習い]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 人〔キーワード〕


Man proposes, God disposes.
  人は計画し神は成否を決する

     [人事を尽して天命を待つ]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕


Men make houses, women make homes.
  男は家屋を作り女は家庭を作る

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


Never say die.
  死ぬと決して言うな

     (死んではおしまい)《注釈・補足》
     [参考:命あっての物種]【日本の諺】
          生死『教訓』/ 人〔キーワード〕


No man is infallible. [(Even) Homer sometimes nods.]
  あやまたぬ人はいない

     [弘法にも筆の誤り,猿も木から落ちる,河童の川流れ,上手の手から水が漏れる]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 人〔キーワード〕


None but the brave deserves the fair.
  勇者以外は誰も美女に値しない

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


People [those] who live in glass houses shouldn't throw stones.
  ガラスの家に住む者は石を投げてはならない

     (すねに傷を持つ者は人に文句は言ってはいけない)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕


So many men, so many opinions. [Several men, several minds.]
  多くの人がいて、色んな考えがある

     (十人十色,一人一人みんな違う)《注釈・補足》
     [十人寄れば十国の者]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


The child is (the) father of/to the man.
  子は人の父

     [三つ子の魂百まで]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


The devil has the best tunes.
  邪悪な楽しみが一番楽しい

          欲『教訓』/ 人〔キーワード〕


(There's) no fool like an old fool.
  年寄りの馬鹿は始末に負えない

     [年寄れば愚に返る]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕


Trust not a woman when she weeps.
  女が泣くとき信じるな

     (女性の空涙は信用してはならない)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕


A bad workman (always) blames his tools. [A bad carpenter quarrels with his tools.]
  下手な職人は(いつでも)道具のせいする

     (腕不足を道具のせいにする)《注釈・補足》
     [弘法筆を択ばず]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A bully is always a coward.
  威張るやつはきまって臆病者だ

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A constant guest is never welcome.
  いつも来る客は歓迎されない

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A dwarf on a giant's shoulder sees the farther of the two.
  巨人の肩に上がった小人は巨人より遠くが見える

     (経験不足の者も経験豊かな人の教えを受ければ有利になれる)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A man is as old as he feels, and a woman as old as she looks.
  男の年は気持ちの通り女の年は見かけの通り

     (女性に対する厳しさや偏見,不平等)《注釈・補足》
          平等『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A still tongue makes a wise head.
  静かな舌は人を賢くする

     (自分で話すより人の話を聞く方が学ぶ事が多い)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕*


A wise man is never less alone than when alone.
  賢者は一人でいても孤独にはならない

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


(All) great minds think alike.
  賢人は皆同じように考えるものだ

     {賢人倒し(ごかし):相手を賢人だとはやし立てる}《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕*


All ill payer [paymaster] never wants (an) excuse.
  払うつもりがなければ口実はあるものだ

     (自分は口実を設けるが、相手の弁解は聞かない)《注釈・補足》
          責任『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Be just before you are generous.
  気前のよさよりまず公正たれ

     (借金があるのに無駄使いしたり人に奢ろうとする様な人に)《注釈・補足》
          金『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Beggars can/must not be choosers/choosy.
  物を貰うにえり好みは言えない

     [++]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Better be a fool than a knave.
  悪党より馬鹿がまし

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Better be an old man's darling than a young man's slave.
  若い男の奴隷になるより老人にかわいがられよ

     (女性の結婚相手)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Better (to) be alone than in bad/ill company.
  悪い仲間と交わるより一人でいるが良い

     [参考:朱に交われば赤くなる]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Busiest men find the most time.
  多忙な人ほど時間を見つけるものだ

     [参考:時間を割く]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*


Call no man happy till he is dead.
  誰も死んでしまうまでは幸せとは言えない

     (生きている限り苦しい事がある)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Claw me, I'll claw thee.
  人は万事、相手の出方しだい

     (thee:汝を)《注釈・補足》
     [魚心あれば水心:魚、心あれば、水、心あり]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Cowards die many times before their death.
  臆病者は死ぬ前に幾度も死ぬ

     (死ぬ恐怖を何度も味わう,シェークスピア「Julius Caesar」)《注釈・補足》
          生死・流転『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Cut your coat according to your cloth.
  生地に従って裁断せよ

     (成句「cut one's coat according to one's cloth」:身分に応じた生活をする[できる範囲で我慢する])《注釈・補足》
          中道・中庸『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Danger past,God forgotten.
  危険が過ぎれば神は忘れられる

     [喉元過ぎれば熱さを忘れる,苦しい時の神頼み]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Dead men tell no tales [lies].
  死人に口なし

     (死んだ人には証言等ができない,死人に無実の罪を着せるな,秘密を知る者は殺すが安全)《注釈・補足》
     [死人に口なし]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Don't throw/empty the baby out with the bathwater.
  風呂水と一緒に赤ん坊を流してしまうな

     (うっかり大事な物を捨てるな)《注釈・補足》
          言動(注意・用心)『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Every Jack has his Gill.
  どんな男にも(似合いの)女がいるものだ

     (Jack and Gill/Jill:若い男女)《注釈・補足》
     [割鍋に綴蓋]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Every lover sees a thousand graces in the beloved object.
  痘痕も靨(えくぼ)

     [痘痕も靨,惚れた欲目]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Every man has the defects of his own virtues.
  長所が欠点になることもある

     (長所も見方を変えれば短所)《注釈・補足》
     [参考:長所は短所]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Every man is his worst enemy.
  最大の敵は自己である

     (自己変革等を妨げるのは古い弱い自分)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Every miller draws water to his own mill.
  我田引水

     {粉屋は皆自分の水車(小屋)に水を引く}《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕**


Experience is the teacher of fools.
  経験は愚人の教師なり

     (賢者は経験せずとも学ぶ:経験するにも限界があるので、賢者は多くの知識を学問によって得る)《注釈・補足》
          学び『教訓』/ 人〔キーワード〕**


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:キーワードによる分類  (英語ことわざ集)