英語ことわざ小事典

・キーワード 人:daughter,mother,mother,father,son,wife, man/men,(未記載),folk/people,two,many, he,they,everyone,one,you,I, company,friend,enemy, finder,keeper,loser,weeper,slave,king,master,buyer,borrower,lender,beggar,priest,whore,volunteer,wearer,thief, laborer,cobbler,tailor,shoemaker,monk, fool,bold/brave,knave,handsome,blind,one-eyed,dead,biter,idle, Homer,Jack, angel,fortune,God/Providence,devil, finger,hand,foot,heel,hand, 〔位置,人,代名詞,対象,立場,職種,性質,人名,神等,部位   …国(地名):4ページ目〕
 
 

ホーム


 ABC順:
A [A2] B,C D,E F,G H I,J,K L,M N,O P,Q,R,S T [T2] U,V,W,(X,)Y,Z

 あいうえお順:
(う〜)  (く〜)  (す〜)  (つ〜)    やらわ


 教訓による分類:
言動(注意・用心) 言動[2] 生死・流転 心(執着,勇気) 金 責任(仕事) 努力(能力) 欲・損得(比較) 性質 性質[2] 学び(反省) 因果 平等(偏見) 原理・法則(習慣) 中道・中庸 忍耐」に関連する教訓

人(神等,含部位)・国(地名) 人・国[2] 人・国[3] 人・国[4] 動物 動物[2] 植物  物[2]  事[2] 事[3] 事[4] 自然・天気
 恋・恋愛,愛 結婚


・キーワードによる検索: 人(神等,含部位)・国(地名)[2]

Finders keepers(, losers weepers).
  見つけた者が持主(、なくした者は泣きをみる)

     {拾った者が持ち主(、落とした者は泣きをみる),見つけた者勝ち)《注釈・補足》
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Fingers were made before forks.
  指はフォークより前からあるさ

     (指で物を食べる時の言い訳の文句)《注釈・補足》
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Fools are wise [it is easy to be wise] after the event.
  下種の後知恵

     (事後になってようやく名案が出る,結果論は誰でも言える)《注釈・補足》
     [下種の後知恵・下種の知恵は後から]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Fools rush in where angels fear to tread.
  天使も踏み込むのを恐れる所へ愚者は飛び込む

     (英国詩人 Pope の Essay on Criticism の一節)《注釈・補足》
     [盲、蛇に怖(お)じず]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Fortune favors the bold/brave.
  運命の女神は勇者に味方する

     (成功する為には勇気が必要)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Give him/knaves an inch and he/they will take a mile [a yard, an ell].
  寸を許せば尺を望む

     (少し我儘を許してやると益々付け上がる)《注釈・補足》
     [庇(ひさし)を貸して母屋を取られる]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


God/Providence is always for [on the side of] the big battalions.
  神は常に大軍の側にあり

     (大軍[強い者]には勝てない、フランスの作家 Voltaire の言葉)《注釈・補足》
     [参考:大軍に関所なし]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


God made the country, and man made the town.
  神は田園をつくり 人は町をつくる

     {(神の造った)自然は美しい}《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Good company on the road is the shortest cut.
  旅は道連れ

     (愉快な道連れのあるのが一番の近道)《注釈・補足》
     [参考:旅は道連れ、世は情け]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Grasp all, lose all. [All covet, all lose.]
  欲張りの丸損

     (全てを掴もうとすれば全てを失う)《注釈・補足》
     [大欲は無欲に似たり]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Handsome is as/that handsome does.
  行いの立派なのが立派な人

     [見目より心]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He must have a long spoon that sups with the devil.
  悪者と組む者は油断も隙もあってはならない

     (悪魔と食事をする者は長いスプーンを持たなくてはならない)《注釈・補足》
     [参考:油断も隙もない]【日本の諺】
          欲・損得(注意・用心)『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He that cannot obey cannot command.
  服従できない者は支配できない

          心『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He that commits a fault thinks everyone speaks of it.
  過ちを犯した者は人が皆噂をしていると思うものだ

          心『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He that would eat kernel must crack the nut.
  実を食せんとする者はクルミを割らねばならぬ

     [参考:棚から牡丹餅]【日本の諺】
          努力『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He that would the daughter win, must with the mother first begin.
  娘を得んとする者はまず母親より始めよ

     [将を射んと欲すれば先ず馬を射よ]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He travels (the) fastest who travels alone.
  一人旅が一番速い

     (妻子や仲間が邪魔になる時の言葉,英国の Rudyard Kipling の詞)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who begins many things, finishes but few.
  多くの事に手を出す者は仕上げるのが少ない

     (中途半端)《注釈・補足》
          中道・中庸『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who denies all confesses all.
  全てを否認するは全てを告白するに同じ

     (逆効果)《注釈・補足》
          言動(注意・用心)『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who/that fights and runs away lives to fight another day. [He that fights and runs away may live to fight another day.]
  戦って逃げても生きながらえて他日また戦う機会がある

     (無謀さに対する戒め)《注釈・補足》
     [参考:三十六計逃げるに如(し)かず,逃げるが勝ち]【日本の諺】
          言動『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who gives fair words feeds you with an empty spoon.
  上手い言葉は空のスプーン

     (中身が無い)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who goes against the fashion is himself its slave.
  流行に逆らう者もまた流行の奴隷なり

     (結果的に本人の意図と反対になっている)《注釈・補足》
          心(執着)『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who hesitates is lost.
  ためらう者は機会を逃す

     [参考:虎穴に入らずんば虎子を得ず]【日本の諺】
          心(勇気)『教訓』/ 人〔キーワード〕***


He who makes no mistakes makes nothing.
  過つ事なき者は何もなさぬ者なり

     [参考:失敗は成功のもと・母]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕***


(Even) Homer sometimes nods.
  名人も居眠りする[過つ]ことはある,ホーマー[ホメーロス]でさえ居眠りすることはある

     (Homer:ホメロス「ギリシアの詩人」)《注釈・補足》
     [弘法にも筆の誤り,猿も木から落ちる,河童の川流れ]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕***


Idle folk/people have the least leisure.
  怠け者に余暇なし

     (怠け者は余暇を作る努力もしない)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Idleness is the root/mother of all evil [sin/vice].
  怠惰は悪徳のもと

     [小人閑居して不善をなす]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕****


In the country of the blind, the one-eyed is king.
  鳥無き里の蝙蝠(こうもり)

     (目の見えない人々の国では片目が見える人は王様になれる)《注釈・補足》
     [鳥無き里の蝙蝠]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕****


It takes two to make a quarrel.
  二人いなけりゃ喧嘩にならない

     (相手がいなければ腹も立たないし喧嘩にもならない)《注釈・補足》
     [参考:腹が立つ,喧嘩を売る,喧嘩を買う]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Jack is as good as his master.
  召使は主人に劣らず

     (人は皆同じ,Jack:召使)《注釈・補足》
          平等(偏見)『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Laborer is worthy of his hire.
  働く者には報酬がある

          努力『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Let the buyer beware.
  買手は用心せよ

     (買ってからでは手遅れ)《注釈・補足》
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Like draws to like.
  同気相求む

     (似た者は寄り集まる)《注釈・補足》
     [同気相求む]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Like master, like man.
  主人が主人なら家来も家来[この主人にしてこの家来あり]

     (似た者主従)《注釈・補足》
     [参考:似た者夫婦]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Like mother, like daughter.
  この母にしてこの娘あり

     (似た者母娘,Like father, like son.)《注釈・補足》
     [参考:似た者夫婦]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Let the cobbler [The cobbler shoud] stick to his last.
  靴屋は靴型から離れさせるな

     (人は自分の仕事・本分に専念せよ )《注釈・補足》
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Many hands make light work.
  多くの人手は仕事を軽くする[大勢かかれば仕事は楽になる]

     [参考:多勢に無勢(ぶぜい)]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Many kiss the hand they wish to cut off.
  切り取ってしまいたい相手の手にもキスする者は多い

     (面従腹背)《注釈・補足》
     [参考:人は見かけによらぬもの,外面似菩薩内心如夜叉]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Men are blind in their own cause.
  人は信ずる事の為には盲目である

     (他の立場など分からなくなる)《注釈・補足》
          中道・中庸『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Men are not to be measured in inches.
  人物は背丈では測れない

     (外見で判断してはいけない)《注釈・補足》
     [参考:人は見かけによらぬもの]【日本の諺】
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Men leap over where the hedge is lowest.
  人は最も低き所を飛び越すものだ

     (楽な道につくものだ)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕****


Much will/would have more.
  あるが上にも欲しがるものだ

     (The more one has [you have/get], the more one wants [you want].「人は持てば持つほど更に欲しくなるものだ。」)《注釈・補足》
     [隴(ろう)を得て蜀(しょく)を望む《後漢書》]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕****


My God defend me from my friends; I can defend myself from my enemies.
  友よりわれを護らせたまえ,敵より身を護ることはできますゆえに

          努力(能力)『教訓』/ 人(神)〔キーワード〕****


Needs must when the devil drives.
  悪魔に追い立てられればどうしてもせざるをえない

     (心の中の欲望等も悪魔に喩えられる)《注釈・補足》
     [背に腹はかえられぬ]【日本の諺】
          心(執着,勇気)『教訓』/ 人(神等)〔キーワード〕*****


Neither a borrower nor a lender be.
  借手にも貸手にもなるな

     (Shakespeare Hamlet 1:3)《注釈・補足》
          金『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


Never tell your enemy that your foot aches.
  足が痛いことは敵に言うな

     (わざわざ弱点を知らせることはない)《注釈・補足》
          言動(注意・用心)『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


Nine/three tailors make [go to] a man.
  仕立屋は9[3]人で男一人前

     (仕立屋の弱さをあざけってそう言う)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


No man is indispensable.
  かけがえのない人というものはないものだ

          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


Once a beggar [priest/whore], always a beggar [priest/whore].
  一度でも乞食をすれば永遠に乞食

     (3日乞食[坊主,女郎]をしたらやめられない)《注釈・補足》
     [乞食も三日すれば忘れられぬ]【日本の諺】
          原理・法則(習慣)『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


One cannnot be in two places at once.
  同時に二箇所には居られない

     (何かをしない為の言い訳)《注釈・補足》
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


One foot is better than two crutches.
  一本足でも二本の松葉杖に優る

     (あるものに甘んじよ)《注釈・補足》
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


One man sows and another man reaps.
  甲が種を蒔き乙が刈り取る

     (分担ではなく、横取り)《注釈・補足》
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


One pair of heels is often worth two pairs of hands.
  踵二つで手の四つ分

     (二人相手に勝てないなら取り敢えず足で逃げろ)《注釈・補足》
     [逃げるが勝ち]【日本の諺】
          心(勇気)『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


One volunteer is worth two pressed men.
  志願者一人は徴募兵の二人前

     (強制より自由意志・やる気)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


Only the wearer knows where the shoe pinches.
  靴の痛いところは履いている者にしかわからない

     (経験して初めて解る)《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


Prefer the devil one knows to the one/devil one doesn't know. [Better the devil one knows than the one/devil one doesn't.]
  正体不明の災いよりも正体の分かっている災いの方が良い

          欲・損得(比較)『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


Prosperity makes friends, adversity tries them.
  繁栄は友を作り逆境は友を試す

     {参考:《史記》刎頸之交(ふんけいのまじわり)}《注釈・補足》
          性質『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


Set a beggar on horseback and he'll ride to the devil.
  乞食を馬に乗せたら悪魔の所まで行く

     (貧乏人が金を持つと傲慢になる)《注釈・補足》
     [《後漢書:得隴望蜀》隴(ろう)を得て蜀(しょく)を望む]【日本の諺】
          欲・損得『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


Set a thief to catch a thief.
  盗賊を捕まえるたには盗賊を使え

     (同類のする事を推測できるから)《注釈・補足》
     [参考:蛇(じゃ)の道は蛇(へび),毒を以て毒を制す]【日本の諺】
          原理・法則『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


Short accounts make long friends.
  長く付き合うには掛けは禁物

     (短い掛け勘定なら友情は長続きする)《注釈・補足》
     [++]【日本の諺】
          金『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


Speak well of the dead.
  死んだ者のことはほめよ

     (死んだ人の事を悪く言うものではない)《注釈・補足》
     [参考:死者に鞭うつ]【日本の諺】
          生死・流転『教訓』/ 人〔キーワード〕*****


The biter is sometimes bit/bitten.
  騙そうとして騙されることがある

     (自業自得,身から出た錆)《注釈・補足》
     [ミイラ取りがミイラになる]【日本の諺】
          因果『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The cobbler's wife goes the worst shod. [Who is worse shod than the shoemaker's wife?]
  靴直しの女房はぼろ靴を履く[靴屋の女房ぐらい酷い靴を履いている者があろうか]

     {他人の為に忙しく家族の事をする暇がない(が、他人には吝嗇・けちだと思われている}《注釈・補足》
     [紺屋(こうや)の白袴(しろばかま)]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The cowl does not make the monk.
  僧服 僧を作らず

     (体裁を繕っても駄目)《注釈・補足》
     [衣ばかりで和尚は出来ぬ]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The danger past, and God fogotten.
  喉元過ぎれば熱さを忘れる

     (危険が過ぎれば神を忘れる)《注釈・補足》
     [喉元過ぎれば熱さを忘れる]【日本の諺】
          心『教訓』/ 人〔キーワード〕+


The devil finds/makes work for idle hands (to do). [If the devil find a man idle, he'll set him to work.]
  悪魔は暇人に仕事を見つける

     [小人閑居にして不善をなす]【日本の諺】
          責任(仕事)『教訓』/ 人〔キーワード〕+


英語ことわざ[格言(日本語の諺)]:キーワードによる分類  (英語ことわざ集)